安藤太郎(住友不動産社長)の名言格言|経営の一番のキーポイントとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営の一番のキーポイントは情報処理。情報が不的確だと明確な企業ポリシーはできてこない。


安藤太郎(経営者) の経歴

安藤太郎、あんどう・たろう。日本の経営者、銀行家。住友不動産社長・会長。宮城県出身。東京帝国大学法科卒業後、住友銀行に入行。東京副支店長、東京事務所次長、本店営業部次長、銀座支店長、日本橋支店長、東京事務所長、取締役、常務、専務、副頭取などを務めたのち、住友不動産社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

儲け続けられる経営者とは、リスクを負ってでも今以上を目指す人か、もとからすごく高いところに目標があるかのどちらかでしょう。

僕だって不安でしたよ。でも、できるかできないかではなく、やりたいかやりたくないかという自分の気持ちを大切にしました。そして社員もそれに乗ってくれた。お客様の反応が出てきたときは嬉しかったし、新しいことをやっていることが楽しかったです。不安や失敗を考えていたら何もできません。これがあったら絶対みんな喜ぶという気持ちが大切ですね。

お客様との関係を、僕はギブ・アンド・テイクと考えているんです。これは、まず与えてから取るということ。でも、世の中の場合、大抵テイク・アンド・ギブなんですよね。まず取ってから与える。さらに当時はテイク・アンド・テイクというのが多かったんですよ。儲からないのに儲かると言って、どんどんフランチャイズを集める。どんな商売にしてもそういうことが多かった。

処遇の厚薄は担当する楽器操作の巧拙と難易によって上下する。理想は楽団的事業経営体である。
【覚書き:神戸商工会議所会頭・日本商工会議所会頭などの経験を踏まえ理想的な労使関係を語った言葉】

相手が信頼するに足れば、自らも信頼に値するものにならねばならぬとする努力。これが相互信頼の真髄である。
【覚書き:日産自動車社長時の発言。労組との交渉について語った時の言葉】

失敗はしない方がいいが、私は失敗の質を叱る。悪意と怠慢と無知による失敗を。しかし、過失や勇み足は交通事故のようなものです。

新しいことは、批判精神からしか生まれない。一番大事なのは哲学するということ。自分の頭で考えること、自分を信じるということ。自分はエモーショナルな人間だと思っている。感性をベースに行動している。自分が問題意識を持ち、常に考えていれば、どんな人の話を聞いても必ず何か役に立つものである。

ページの先頭へ