小池百合子の名言・格言|仕事で嫉妬されることは認められている証拠

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で嫉妬されることは、周囲から認められている証拠でもあります。ライバルや上司の縄張りを侵す存在として排除の対象になったわけですから、本物になれたと思っていいのです。そのうえで、嫉妬をされてももっといい仕事がしたいのか、その他大勢のままでいいのか、どっちを選ぶのかが問われているのです。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もう変化対応では追いつかない。変化を先取りして創っていかないと間に合わない。

大して実力があるわけでも、学歴が高いわけでもないのに、まったく違う職種にキャリアアップした転職成功者もいます。彼らは、自分のやりたいことを追求し、使えるキャリアの磨き方を知っていました。いくら頑張って学校に通い、多くの資格を取っても、使えないキャリアなら無駄です。資格がなくても具体的に自分のやりたいことを分析し追求することで、使えるキャリアを形成していけば適職に出会えるのです。

時代は変わった。お客様のニーズは多様化し、証券会社の役割は大きく広がっています。お客様お一人お一人のニーズを把握し、解決策を提案できる人材を増やさなければ、当社は生き残れない。

私の授業でも、講義の後に質問の時間を設けます。このときに「なかなか鋭いことを聞くな」と感じる質問には、こちらも聞かれたこと以上に、答えたくなってしまうもの。このように、相手が思わず話したくなってしまう聞き方、というものがあるんです。つまり、いい答えが出るかどうかは、質問次第とも言える。

善い会社であるには成長が必須。そうでなければステークホルダーに利益を与えることもできないからだ。

実はクレームを言うお客の65%はリピーター層です。また利用したいからこそ、クレームを言うわけです。ですから怒りがおさまったあとのお客様は、ちょっとバツの悪さを感じています。「いやな客だと思われただろうな、もう利用できないな」と思っているところへ思いがけず感謝されれば、「自分はいいことをしたんだ」と笑顔になれるというわけ。ぜひお客様を笑顔で帰してあげてください。

会話に一気に弾みがつくのは相手を褒めたときです。聞くときはもちろん、会話の糸口も褒め言葉から始めることをお勧めします。

そもそも出張するということは、わざわざ現地まで行かねばならない案件ということですから、基本、タフな交渉になります。移動で疲れ果ててしまっては、現地に着いてから力を発揮できませんよね。ですから私は極力、飛行機の中で仕事はしません。

監督になって以来、変わらず大切にしていることは、「いい芝居を撮りたい」という感覚。役者さんが一瞬放つ輝きを撮りたい。

将来の不安から、20代からコツコツと貯金や節約に精を出すビジネスパーソンが増えている。最近そんな話を耳にします。しかし、若いころは必要以上に貯金に励むことはない、と私は考えています。ビジネスの世界で大きな花を咲かせている人は、例外なく若いころの自己投資で人的資本を磨き上げているものです。

ページの先頭へ