小池百合子の名言・格言|他人は自分を助けてくれないという前提で動く

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的に、他人は自分を助けてくれません。もちろん、助け合いの心はあります。でもいざとなったときは助けてくれないものと思って、自分の力を確立する方が重要です。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

商品の優れたデザインは、たんに「絵を描く」ことだけで完成するものではない。素材そのものの開発から始めて、商品をいかにつくり上げていくかという級密な検討や作業が必要になる。もちろん機能も大切な要素だが、商品の美観、見栄えという面も、実は高い技術力によって支えられているという事実を、日本企業は再認識しなければならない。

現場に対していいモノを作れというプレッシャーはかけています。しかし私自身、モノ作りの出身ですから、現場の大変さも十分理解しているつもりです。あまりコストのことをうるさく言って、現場の苦労を思いやる風土が失われてしまうと、いいモノを作ろうという気概までなくなってしまうおそれがあると思います。

自分自身が創業者である場合や、会社の規模が小さいうちは、経営者のリーダーシップに多少問題があったとしても、それなりに会社は回っていきます。ただ、会社としてのステージが上がるにつれて、長期的に会社の経営を安定させるためには、誰がどうリーダーシップを発揮するかは重要な鍵となってきます。

最終的には独りで意思決定をします。しかし、そのためにはオプションを提示する人材が必要です。

「痛くない注射針」は、もう特許は切れたけど、いまだ誰も真似できない。俺しか作ることができないからさ。これが本当の特許なんだ。

バブル経済がはじけると、景気の落ち込みで製品が売れなくなりました。しかも、価格も下落しました。そんなときに救いの手を差し伸べてくれたのが、バブルのときに誠心誠意対応した得意先でした。

古より議論は易(やす)くして事業は難(かた)し。
【覚書き|事業=物事を実行に移すこと】

僕が起業した頃は事業を始めようと思ったら、まず電話番の事務員を雇わなければなりませんでした。FAXも一台200万円もした。その時代に比べたら今はめちゃくちゃ起業しやすい環境です。ネットと携帯電話があれば、すぐにでもビジネスが始められますし、創業資金融資制度もある。稼ぐ方法はいろいろあるんですよ。

集団が敵対している場合であっても、互いに協力しないと達成できない上位目標を与えることで、友好関係が回復できる。

毎日、ただ会社に行って過ごしているのでは、いい人生は得られない。

ページの先頭へ