小池百合子の名言・格言|嫉妬してくる人を巻き込む度量を持つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人が嫉妬する裏には、自分がないがしろにされているという思いがあります。そういう人が相手の場合は、その人を自分に取り込んで、巻き込むくらいの度量を持つということが大事でしょう。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人に評価される発想とは、「なるほどね、そういう見方もあったね」と言わせる種類のアウトプットだったりするもの。

ときには社内をぶらぶら歩き回ることもある。「犬も歩けば棒に当たる」で現場のいろいろな情報に触れられるよ。

「代理学習(他者から学ぶこと)」には、コストとリスクが低く、幅広く学ぶことができるといった長所がありますが、学習の程度が浅くなりがちです。一方、「経験学習(経験し学ぶこと)」では、コストとリスクは高くなりますが、深い洞察が得られます。ただし、自分の経験ばかりに固執すると視野が狭くなるという短所があります。

20代というのは半分以上、仕事と会社、社会を知るための期間のような気がします。この間に腰を据えて頑張れば、30歳くらいで希望する仕事ができるようになるはずです。そして、この時期に一生の仕事を決める。三十にして立つためには、やはり20代は懸命に頑張るしかないでしょう。

正道を歩め。それを覚えていればよい。

人生は将棋と同じで、読みの深い者が勝つ。

売上を上げることには熱心なのに、代金の回収には無頓着な経営者がかなりの確率でいらっしゃいます。当然、資金繰りは苦しいです。なぜなら原価や経費の支払が先になるからです。下手をするとまだ貰っていない売上に対する法人税まで納税するハメになります。こうした状態から脱する最も具体的で有効な方法は、入金予定日に入金したかどうかを確かめることです。そして、入金されていない場合には、すぐに「何日に入金されるのか」を確認します。とてつもなく簡単な話です。

1つの言い訳が次の言い訳を呼び、真実が見えなくなる。相手に悪い印象を与え、不信感は増し、今後の関係性にも影響するでしょう。ますます窮地に追い込まれる。

社長の言葉といえど、社員に伝わる自然な言葉を使うことが大切です。だから、「お腹が空いた」はOKですが、「空腹を覚えた」は駄目です。

私は「自分の給料はお客様からいただいている」という思いがあります。だから相手との出会いを大切にするし、会った人との面談内容を詳しく記録します。

ページの先頭へ