小池百合子の名言・格言|嫉妬への3つの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

嫉妬への3つの対処法

  1. 出る杭は打たれるもの。出すぎて抜けてしまえ。
  2. 嫉妬する人を自分に取り込め。
  3. 放っておけ。

小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中には3つの嘘がある。ひとつは嘘、次に大嘘。そして統計である。

立ち振る舞いによって、その人の品も心の底も見える。

米国の場合はCEOが一人いて、そこからドーンとトップダウンで指示を下して、社員は間違っていようが何だろうがCEOの指示に従ってやる。それでダメだったらCEOが替わるだけです。私は米国のやり方を100%日本に導入すべきだとは思いませんが、この構造改革待ったなしの状況の中で、米国から学ぶべきところは学んだ方がいいと思います。

私は勝てば何でも許されるというふうに思っていませんから、選手たちが選手観、人生観をしっかりと持つことに関して非常に厳しく指導しました。

ビジョンを小さく持ってしまうと、成果も小さくなります。ナンバーワンを狙って目標を大きく持つことが、事業成功の確率を高める上でも重要となります。

「とにかく雇ってくれるならどこでもよい」という考えで再就職するのは避けたい。とくに40代の再就職で大事なのは、これから自分が十分に生活できるだけの所得を確保できるかということ。そのためには、成長余地のある業種を目指すべき。世界的にも高いシェアを持つ機械メーカーや、震災復興などで当面は高い需要のある土木・建築、あるいは住宅関連、さらには富裕層を対象にした介護ビジネスといった、これから伸びそうな業種を探すなど、業界研究を怠らないようにしたい。

職人というと、腕は立つけど頑固でちょっと偏屈、という昔のイメージがあるかもしれません。でも、今の時代はそれではやっていけません。お客さんの話をしっかり聞いて、相手がどんなものを求めているかをきちんと理解し、確かな技術で迅速にいいものをお届けする。それが21世紀型職人に求められるものです。

偏見という厄介者は、「偏見を持つ側が思い描いたことが現実化する」という傾向をも併せ持つ。

会社の業務に関することなら、そもそも創業者が目指していたのは何かといった視点から考えてみるといい。

絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ。

ページの先頭へ