最上悠の名言・格言|若い人を叱るときのコツ

若い人を叱るときは、極端な思考に走らないよう、その後のフォローが重要です。私たち精神科医も治療後に「あくまで私が注意したのは問題点であって、それはあなたに期待しているからなんですよ」と患者さんにフォローを入れたりします。

最上悠 の経歴

最上悠、もがみ・ゆう。日本の精神科医、メンタルセラピスト。認知行動療法、対人関係療法を使って患者を治療している。また、職場のメンタルヘルスやメンタルケアの企業コンサルタントとしても活躍している。主な著書に『世界の精神科医がすすめるメンタルサプリ』『薬を使わずにうつを治す本』『ネガティブのすすめ』『きっと、心はラクになる』『家族をうつから救う本』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下を叱るというコミュニケーションの場で起こりがちな問題は、そこに上司の感情が入りすぎてしまうことです。基本的に人は感情をぶつけられると苦しく感じるものです。ただし、受け取る側が理解し、コントロールできる範囲の感情であれば心地よく感じることもあります。体育会系で先輩に殴られても感謝しているような人はその極端な例でしょう。

最上悠の名言・格言|部下を叱るときには感情を抑えて行う


褒めたり叱ったりするには、周囲を巻き込むことも有効です。人前で褒めることは、相手が嬉しいだけでなく、周囲に褒める習慣を浸透させる効果もあります。叱るときも、自分が言ってもダメなら他の人に叱ってもらうように頼むなど、協力態勢を作りながら行なうと職場の関係性が緊密になります。

後田良輔の名言|褒めたり叱ったりするには、周囲を巻き込むことも有効


叱るときは人前ではなく一対一で叱ること。そして、褒め言葉とセットにするのがコツです。たとえば、商談で失敗した部下には、「そのタイミングでお金の話を出しちゃダメだ」と叱りつつ、「でも事前準備は完璧だったね」と褒め言葉を添えるのです。

後田良輔の名言|叱るときは褒め言葉とセットで


上司が部下を気にかけ、「叱る」「褒める」の二つを適切に行っていれば、どんな会社でもお客様と末永い良好な関係を築く営業マンを育てることができると思います。

相澤賢二の名言|叱ると褒めるの大切さ


経営理念をスローガンのように振りかざして、社員を追い詰めることはしません。叱るときでも、「あなたが間違っていたでしょ」と認めさせるのではなく、理念やビジョンを根拠に、八割はこちらからさりげなく注意します。残り二割は相手に気づいてもらうよう心がけています。

家本賢太郎の名言|叱るときは相手が間違いを気づくように


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ