渋沢栄一の名言格言|儲けを最大化するコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

入るを計りて、出(いず)るを節す


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勤勉な者は、願をかける必要もない。勤勉はすべての物事を容易に運ばせる。

釘が一本なくなり、蹄鉄が駄目になった。蹄鉄がなくなり、馬はどうしようもなくなった。馬がなくなり、騎士はどうしようもなくなった。騎士がいなくなり、戦いはどうしようもなくなった

よし、金銭の奴隷になるのはもうやめた。ひとつ、金銭を奴隷に使ってやろう。(覚書き|大病前後でロックフェラーの人生がからりと変化する。以前はクリスマスキャロルの守銭奴スクルージのような人物であったが、病気から復帰後、積極的に慈善事業へお金を回すようになった)

自分で100%の努力をするよりも、むしろ100人の1%ずつの努力を味方につけたいところだ。

事業は自分のためより人のためにすることで出発せよ。

金は肥料に似ている。分散しておかないと臭ってしょうがない。

裕福な人はその富を浪費するよりも、社会がより豊かになるために使うべきだ。

ページの先頭へ