桜井正光の名言・格言|社会から信頼されるやり方ならM&Aは積極的に活用すべき

事業そのものの原点は、人と違うものを出して人より効率のいい経営をするということです。強さだけでなく社会から信頼されるやり方でです。その手段としてはM&Aは大いに、積極的に活用すべきだと思います。

桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

交渉はスポーツと同じです。止まったら負け。ゴール目がけて打ち続けないと、絶対に入らない。それにはまず打つ、まず発言する。勝ち目のない案件や相手なら、引き分けに持ち込むことが、実質的な勝ちとなります。

小林製薬では、買収する際にあるルールがあります。それは、買うと決める前から、誰をトップとして送り込むのかを決めるということ。買ってから決めるのではダメ。買収した会社にそのまま任せるのもダメです。

私がパソナの前身である「テンポラリーセンター」を興したのは、父の一言からでした。当時は、大学を卒業したら就職するのが当たり前の時代。「学生ベンチャー」という言葉も発想もなく、私もご多分にもれず、就職活動をしていました。でも内定を決められる雲行きはよくありませんでした。ある日、父から「就職決まったか」と質問され、正直に「むずかしい」と答えました。すると父は「就職活動を通じて、何か気づいたことはないか」と尋ねるので、「ぼくよりも女子大生がたいへんだ」と答えたのです。当時、男子大学生のほとんどは就職するのに、女子大学生の就職率は低く、大学でせっかく勉強しても、企業は彼女らを採用したがりませんでした。さらに問題だと感じたのが、一度家庭に入った主婦たちです。子育てを終えたあと、職場復帰する人はほぼゼロパーセントでした。父は私の報告を聞くと「面白い」と膝を打ち、「この社会問題を解決しなさい」と私に言いました。つまり、女性の雇用拡大に寄与する事業をしろ、というのです。

自分がムスッとしていると、相手も同じ対応になってお互いにいいところに気づかない。相手の違った面を見たいなら、まずこちらが好意を示すべきです。

「なぜ自分は経営するのか」を考えることが大切だ。どこに生きがい、やりがいを感じるか。名誉のためなのか、とにかく仕事が面白いからなのか。これは人それぞれだし、その時々の立つ位置によっても変わる。

「働くことを通して人々に笑顔を」が私たちのミッション。そのために必要なことは、クライアント企業やクラウドワーカーさんからの要望をもとに取り組んでいきます。

私は「for the company」という理念を掲げています。上司のためではなく、会社のためにどんどん意見して、働いてほしいという意味を込めています。「会社のため」は英語の方が言いたいニュアンスに近いと思っています。

時間の節約という意味では、付き合う人も選ぶべきでしょう。悪口や愚痴を言う人と付き合うと、こちらのモチベーションまで下がって仕事の能率が落ちるので、なるべく距離を取ります。仕事上のお付き合いが必要でも、悪口や愚痴には無反応を貫きます。反応すると火に油を注ぐことになるので、無私が一番です。

我々の仕事は家庭食の代行業です。家庭でお母さんやおばあちゃんが作る料理の基本は、家族の健康の維持と促進。いわばこれが家庭料理の理念です。お母さんやおばあちゃんは家族を代表し、家族の健康を思って、バランスを考えて献立を決め、手間がかかっても料理をするために買い物へ行く。その時、ただ安いだけでは買い物をしないでしょう。おふくろの料理は家族を思いやる料理です。我々はその代行業であるかぎり、安さだけで競争することはありえません。

早く経験を積むことは大事なこと。そこで自分が問題にどう対応すべきか考えれば良い。

ページの先頭へ