桜井正光の名言・格言|社会から信頼されるやり方ならM&Aは積極的に活用すべき

事業そのものの原点は、人と違うものを出して人より効率のいい経営をするということです。強さだけでなく社会から信頼されるやり方でです。その手段としてはM&Aは大いに、積極的に活用すべきだと思います。

桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

相手に意識を変えてほしいときに、結論だけを伝えてもダメ。背景や理由をきちんと伝えないと、人の意識は変わりません。

小さな利害や枠にとらわれず自らの意志を信じ、粛々と生きることに徹すれば、おのずと心がほぐれる。そんな時にひらめくのではないでしょうか。

会議にも「結論を出す会議」と「結論を出さなくていい、ガス抜きのような会議」の2種類があります。後者なら、みんなにひと通り意見を出させればいいわけです。しかし、ある一定の結論は出さなければならない。そういうときに避けなければいけないのが、強引に結論へ持っていこうとすることです。「結論ありき」の印象を持たれてしまい、「それなら会議をする必要はなかったんじゃないか」と噛みつかれる恐れがありますから。

人はビジネスモデルに集まるのではない。大義名分に集まる。

私の長い道のりは、まだ終わっていない。

問いが具体的になっていれば、それに対する答えも自然と具体的になります。

経営陣が退社時間になったら声をかけて回ったり、ワークライフバランスについての書籍を配ったり。誰もがずっと働ける会社を作りたいと説得し続け、だんだん残業禁止が定着していった。

「思うは招く」。僕が中学生のときに母さんが教えてくれた言葉です。思ったらそうなるよ、と。思い続けるって大事です。

いつまでも若い経営者に背中を見せられるような経営をしていきたい。

交渉ごとで自分の強みを訴える人はとても多いんです。でも、それに加えて、何が足りないか、何が課題なのかという弱みを上手に表現してくれれば信頼感を持ちやすい。弱みをきちんと説明してくれるということは、その人がいう強みの方も大丈夫なんだな、と判断できます。

ページの先頭へ