桜井正光の名言・格言|新しい日本流の経営をつくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の文化や歴史、価値観に根差した新しい経営をつくらなければいけません。私は、答えはおそらく米国流と旧日本流の真ん中にあると考えています。


桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アジアは意思決定のスピードが速くて、財閥系の大きな企業でも2回目の会合で出資割合が決まったりします。何度も本社に持ち帰って条件をすり合わせるというやり方では、ついていけない。僕は1か月に1週間はインドにいるので、話は早いと思います。

私が誇りとする技術者のチームは、他社には決してまねできない素晴らしい商品を作ってくれました。エンドユーザーの方だけでなく、リセーラーの方々、販売代理店の方々にもその価値を認めていただく必要がありますし、実際に既に高い評価も頂いています。これらの販売活動を加速するためにも、インパクトのあるプロモーションは必要。そのための投資を決断するのは営業を役割とする私の仕事。

我々は嘘の看板を上げて名誉を得ようとする。徳はただそれ自体のためにのみ追求せられることを欲している。それで、たまたま人間がほかの動機から徳の仮面を冠っても、徳はやがて我々の面上からそれをはぎとる。

人間は、男女を問わず誰でも、いい仕事、創造的な仕事をしたいと思っている。それにふさわしい環境に置かれれば誰でもそうする。

日本人の課題は、持てる力を120%発揮して具体的なアクションにつなげられないことなんですよ。積極性、アクティビティーが低いわけ。本質的な能力があるんだから、これをいかに引っ張り出すか。日本人に「こんなのやれ」と言ったら「いや、私にはできませんわ」。こう言います。だけどアングロサクソンの方は「おまえには無理やな」と言っても「やらせてくれ」と言う。こういう考えに変えたらいいだけ。それで日本は限りなく明るい。

創業当初商売の先がみえない中、何より救われたのが妻の明るさです。妻は、私と結婚してヴァンヂャケットを退職して以来、20年以上にわたり専業主婦でした。ただ、もともと人付き合いが好きだったこともあって、販売の仕事を快く引き受けてくれた。私がものづくりにかかわり、妻が売る。このスタイルが、結果的に成功の源になりました。

知識や知見が重要なのは言うまでもない。だが、それだけでは企業の強みにはならない。知識や知見は、企業固有の理念、行動原理と一体となってこそ強さになる。

ページの先頭へ