山中伸弥の名言・格言|日本が生きていく道は科学技術立国

日本が生きていく大きな道のひとつは、科学技術立国だと考えています。研究者や技術者はみな、科学技術立国たる日本を背負っているのだと自負しています。若くて柔軟な人が次々と研究に従事するようになれば、もっと伸びていくでしょう。

山中伸弥 の経歴

山中伸弥、やまなか・しんや。日本の医学博士。ノーベル医学生理学賞受賞。大阪出身。神戸大学医学部卒業、大阪市立大学大学院博士課程修了。米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所博士研究員、日本学術振興会特別研究員、大阪市立大学医学部助手、奈良先端科学技術大学大学院大学遺伝子教育研究センター助教授・教授、京都大学再生医科学研究所教授などを経て、京都大学iPS細胞研究所所長に就任。iPS細胞(人工多能性幹細胞)の開発に成功。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社内にIT技術者が少ないのも問題。社内にIT技術者がいれば「ちょっとやってみようか」ですぐに検証できる。社外のIT企業に頼めばいいという考え方もありますが、「発注する」というプロセスでいちいち中断する。こんなスピード感では他社に負ける。

望月洋介の名言|社内にIT技術者がいれば「ちょっとやってみようか」ですぐに検証できる


企業の多くは、成長し、変化します。その変化についてこれなければ採用した人たちはムダな存在になってしまう。だから、ほかの企業の場合であれば人手を増やして企業を拡大していきましょうという判断になりますが、僕たちはあえてそれをしない。過去の経験も含めて、なるべく手数ではなく頭で勝負したいと考えているからです。

森川亮の名言|手数ではなく頭で勝負したい


経営者の仕事は様々なレベルのコミュニケーションを増やして情報を得て、それを社員や部下に伝達し、ビジネスとして現実化してゆくことだと思います。そのプロセスでは「伝える」「連絡する」ことが重要な意味を持ちます。

田川博己の名言・格言|経営者に必要なことは「伝える」「連絡する」


どっちでもいいことを無駄に悩みたくない。仕事でさまざまな意思決定をしなければならないので、それ以外で決めることはできるだけ減らしたい。

村上太一の名言|どっちでもいいことを無駄に悩みたくない


仕事は自分のためにするものではない。すべて誰かのためや、社会を豊かにするために行うものだ。だからこそ、歯を食いしばって打ち込む価値がある。

伊集院静の名言|仕事は自分のためにするものではない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ