内藤忍の名言・格言|投資で大勝負するなら、失ってもいい金でやる

投資で大勝負をするなら、失ってもいいお金でやるべきです。決して虎の子をつぎ込むべきではありません。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

食らいつけるものには、食らいつこうと思って何度落ちてもオーディションを受け続けました。

波瑠の名言|食らいつけるものには、食らいつこう


これからの時代、会社の指示通りにしか動けない人は生き残ることが難しくなります。会社の中だけの狭い世界では生まれてくるアイデアにも限界があるからです。それよりも求められるのは、会社から言われなくても、新しいアイデアや価値を生み出せる人です。つまり、付加価値のある人です。自分の付加価値を高めるには、興味あることに積極的に飛び込んでいくことが大切です。

夏川賀央の名言|会社の指示通りにしか動けない人は生き残れない


やるべきことを当たり前にこなす習慣をつけると、努力が集中に変わる。集中は全然くたびれないもの。

中川和宏の名言|やるべきことを当たり前にこなす習慣をつけると、努力が集中に変わる


ブルガリの店舗に併設した、レストランやチョコレート販売などは業績を左右する規模ではありません。しかし、ブルガリが質の高さで突出した、クリエイティブな会社であるとの側面を、従来とは違った形で顧客にアピールすることに成功しています。それが宝石などの中核商品の販売につながっていきます。

フランチェスコ・トラーパニの名言|たとえそれほど儲からなくても従来とは違った形でアピールする商品を展開する利点


顧客の本物志向が強まり、「真のストーリー」を求めるようになった。品質やデザインのほかに、生き方を反映するようなブランドの歴史や、本当の意味での使い心地の良さが、求められるようになっています。

ビクター・ルイスの名言|顧客が「真のストーリー」を求めるようになった


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ