内藤忍の名言・格言|投資で大勝負するなら、失ってもいい金でやる

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資で大勝負をするなら、失ってもいいお金でやるべきです。決して虎の子をつぎ込むべきではありません。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

将棋では、対局後に「今日は完璧だった」「ノーミスだった」ということはほとんどありません。たいてい反省点があります。それを前提にしているので、何事も、あまりにきっちりしたやり方を追求してもうまく回らない、という感覚があるのでしょう。ミスをするのが前提、といったらおかしいかもしれませんが、そういうことも当然あると考えていますし、ミスをしたときに修正ができること、できるだけ動揺せず、ミスの前とあとで同じスタンスで対処できることをいつも考えています。

もともと人事に「正しい評価」なんてありませんよ。神様じゃないんだから、全員の仕事を正しく評価するなんて不可能です。大切なのは、「正しい評価」ではなくて「納得性」。人事部が汗をかくんです。

仕事のゲーム化は、最終結果ではなく、プロセスを楽しむものだということが重要です。つまり、仕事が営業だとすれば、売上などの結果ではなく、「何件お得意先を回ったか」といったような、努力すれば努力したぶんだけ必ずついてくる数字を競うことが大事です。売上には偶然性も反映されますから、ゲームとしての楽しみが損なわれてしまうのです。

IT業界では新しいサービスやソフトが8割方仕上がったら、ベータ版として公開し、その反応をフィードバックしながら完成形へと向上させていきます。何よりもアウトプットを優先させることが重要。

目標は絶対のものではなく、方向を示すものである。

社長に就任して、社員全員と和気あいあいと食事をし、お酒を飲む席をつくったんです。すると、面白いことに、こうやってみんなで飲むのは久しぶりだなとか、いいコミュニケーションの場になったんです。

人間は自分をつくるという気持ちが大切で、それが自分の容量をいずれつくっていくのだ。

分かりやすく伝えることは難しいことです。伝えたつもりになってしまっていることが一番恐ろしい。

宝塚が描き出すのは究極の愛の姿。現実にはないかもしれないものを、現実にはあり得ない存在が演じるから、究極の愛がリアルに見えるのでしょう。

「至誠は天地を揺るがす」ということわざの通り、人間、至誠に終始すれば、絶体絶命の場合には、必ずや強力な支持者が背後に現れ起死回生の果報が授けられるものだ。どんな新事業でも創業から数年の間には、人生なら九死一生の境地ともいうべき危機に遭遇するもので、これは避けられない。かかる危局を打開していくには、ただ経営者の手腕や努力だけで乗り切れると思うのは間違いである。

ページの先頭へ