内藤忍の名言・格言|投資は下がったところでやめないこと

投資における大事なポイントは「下がったところでやめない」ことです。途中の下げで狼狽売りをしないためには、損失を一定以上に大きくしないことです。そのための手法が分散投資なのです。世界的にマーケットがクラッシュしても資産を分配していれば、なんとか修復できます。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

無制限の有給休暇や、年に1回旅行に補助金を出す制度も話題になりました。これも、なるべくストレスレベルを下げ、その分クリエーティブな仕事をしてほしいという会社からのメッセージなんです。

外村仁の名言|制度で社員にメッセージを送る


失敗? そんなのは日常茶飯事ですよ。この世界で僕は20数年生きているけれど、邪心や邪念から身のほど知らずな店を作ったことが何度もある。例えば、オレもそろそろ三つ星がもらえる店を持ちたいなんて思って、15年くらい前にフレンチのカッコいいレストランを作ったこともあった。でも、自分が満足するための店なんか、上手くいくはずがないんですよ。そういう失敗を何度も重ねながら、お客様の目線と合った店作りのノウハウを身につけてきたんです。

中島武の名言|自分が満足するための店なんか、上手くいくはずがない


辞めなくても(選挙で)勝ったんだけど、万全を期さないといかんから。
【覚え書き|なぜ民主党代表を辞めたのかと問われて】

小沢一郎の名言|万全を期さないといかん


自分より相手に話の主導権を握らせるほうが盛り上がります。雑談では自分が話をする場ではないと割り切って、相手の話に質問をし、ひたすら返していくといいでしょう。

齋藤孝の名言|雑談は自分が話をする場ではないと割り切ることが大切


他人をうらやまず、ほかのことを考えず、あなたはここで精進しなさい。小さなことに忠実でありなさい。そう言われているような気がします。また、そうしてきたからこそ、私のような人間が、ここまでやってこられたのだとしみじみ思います。すべてが感謝のひと言です。

徳光正子の名言|すべてが感謝のひと言


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ