内藤忍の名言・格言|投資は下がったところでやめないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資における大事なポイントは「下がったところでやめない」ことです。途中の下げで狼狽売りをしないためには、損失を一定以上に大きくしないことです。そのための手法が分散投資なのです。世界的にマーケットがクラッシュしても資産を分配していれば、なんとか修復できます。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

講師として登壇することは、自分の人間的成長にもつながります。

いまの学生たちは大企業ばかりを志望する傾向にありますが、中堅・中小企業にも有望な企業はたくさんあります。重要なことは、自分にとって、やり甲斐のある仕事・企業に巡りあうこと。

経営危機のときに、自問自答を重ねました。「私はなにをやりたいのか」。答えは明らかでした。「いい酒を造りたい」。これからは杜氏(とうじ)に遠慮せず、思う通りにやってみよう。そこで社員と相談して酒造りに挑むことにしました。

大きな木でも折れることがありますよね。どういう木が折れやすいかというと、ある時期に急激に年輪の幅が広がることで幹全体の力が弱まったような木です。未来永劫生き続けるには折れてはいけませんから、地味かもしれませんが着実に成長していかないと。

もうネット戦略抜きに有権者に近づくことは無理だ。自民党もネット戦略には非常に力を入れている。ネットの読者がどういうテーマを欲しがっているか。どういうものの場合に、どんな形で拡散していったかを調べ、この分野の専門家も使って次々対策を打っている。

私は起業を決意するまで、夢を持つことができませんでした。夢や目標を持っている方のエネルギーはときに他を圧倒します。私自身、自分の夢を持った時から、自信のようなものを持てるようになりました。

私の実感では、若いころに情やコミュニケーションの問題で苦労をし、それを乗り越えた人が出世しています。逆に、若いころから人当たりがよく、相手にすぐ共感してしまうような人は、会社経営には馴染まず経営陣には入れません。これからはとくにその傾向が強まると思います。

機能を創造し、世の中にないまったく新しい製品を作り上げる製品開発力、そして自ら市場を作っていく市場開拓力に加え、施工能力があることが当社の強み。

厳しさの中の楽観もまたリーダーに大切な資質であり、イノベーションを起こす大事な要素なのです。

私が長年、習慣として続けていることに「1日10分、反省の時間を設ける」ということがあります。これは、私が新卒で住友海上火災保険へ入社して以来の習慣です。私は理系の学部を卒業したのですが、配属されたのは意外にも法務関係の部署でした。専門とまったく違う分野の仕事。右も左もわからないなか、とりあえず入社半年は先輩に言われたことを全部吸収しようと決めました。そして、それを日々反省して、自分の行動を改善していく、ということを繰り返したのです。このときの経験が、その後の私にとって大きな財産となりました。

ページの先頭へ