内藤忍の名言・格言|相場は上げ下げを繰り返しながら、全体としては上がっていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資をやめた大半の人は、損をしてやめています。得をしてやめる人は少ないのです。しかし、株価が下がって、投資をやめた時点こそが底であって、そこから持っていれば上がった可能性もあります。相場は上げ下げを繰り返しながら、全体としては右肩上がりで上昇するものです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若い社員の中には、質問すらマニュアル的になっている人もいますね。会長職になってから、全国の支社を回って若手社員とコミュニケーションをとる機会を積極的につくっていますが、「M&Aをどう思いますか?」とか、「読んでいる本は何ですか?」とか、どこかで聞いたような質問を受けることも少なくありません。もちろん、きちんと答えますよ。でも、せっかくの機会ですから、ホントに自分の糧になるような質問が、もう少しあってもいいかなと感じます。

投資は感情に左右されます。ある状況下で多くの人が同じような行動に流れる時それを逆手に取れる人が、利益を得るのです。でも、そんな判断を下せるのは限られた人だけ。だから、感情的に流されない「仕組み」を準備することが大事。

会社更生法申請以降、出店基準をROI(投下資本利益率)20%以上、営業利益10%以上と定めたわけですが、この基準はいまでも変えていません。言い換えれば、営業キャッシュフロー重視の経営を志向しているということです。

創業してまもなく、致命的なミスで損害賠償を請求され、倒産の危機を迎えた。思えばあれが第2の創業期だった。品質の徹底に加え、付加価値とは何か、付加価値を創造するための組織とはどうあるべきかを徹底的に見直した。

人は食べるためだけに生きられるわけではありません。喜びを知ることが究極の目的でしょう。だからそれが一流企業に入ることで得られると思えば就職すればいいし、芸術をまっとうすることで得られるなら芸術家を目指せばいいのです。もっともその喜びも、人生の中のほんの一部でしょう。あとは背負うばかりです。しかし、背負うと思うか、背負わされていると思うかその違いはとてつもなく大きいと思います。

ビジネス文書を書くときに問われるのは、文章力ではなく決断力です。ある問題に対して、3つの解決策があったとします。それらを思いついた順に羅列した文書は自分で考えることを放棄して、読み手に意思決定の負担を強いることになります。最終的に決断を下すのは上司だとしても、まず自分の意思を示さなければ、たんなる情報収集係と同じです。上司が直接、ネットで検索するのと大差がありません。

新商品の最終確認で、いろいろなマス調査を行い評価することも大事ですが、その前に自分自身で消費者をきちんと見て、現場、それも家庭や店頭での反応やニーズを探ったり、自分たちが出したものの受け入れ性を現場で確認することを大事にしています。

ポイントは相手が興味を持っていること、相手がほしがっている情報について話すこと。究極は、相手が話したがっていることを、気持ちよく話してもらうこと。

メール処理の無駄を省くための一番のポイントは、「同じメールを2度見ない」ということです。言い換えれば、「メールは最初に読んだときに処理をしてしまう」ということです。そのためには、個別の仕事をしながら五月雨式にメールを処理するのではなく、ルールを定めてメール処理に集中する必要があります。

フルマラソンでもハワイに行くでもロマネ・コンティを飲むでも、何でもいいですけどね。一回だけでも経験すれば、十分に記憶の複合を起こすネタになる。一回やるのとまったくやったことがないのでは、雲泥の差があります。

ページの先頭へ