内藤忍の名言・格言|相場は上げ下げを繰り返しながら、全体としては上がっていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資をやめた大半の人は、損をしてやめています。得をしてやめる人は少ないのです。しかし、株価が下がって、投資をやめた時点こそが底であって、そこから持っていれば上がった可能性もあります。相場は上げ下げを繰り返しながら、全体としては右肩上がりで上昇するものです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若手部下の意識を変えるポイントは3つ。

  1. 「徹底的かつ具体的な指示を与える」こと。とくに新人のうちは「手取り足取り」教えるぐらいでいい。
  2. 「修正の回路を持つ」こと。部下が思うような結果を出せない時は、部下を責めるのではなく、自分の指示の出し方を変える。
  3. 「選択肢を用意する」こと。「絶対にホームランを打て」ではなく、「理想はホームラン、できればヒット、最低でもランナーの塁を進めろ」と幅を持たせれば、本人に創意工夫を促すことになる。

日本は少子高齢化をはじめとした課題先進国。当社ではヘルスケアと住宅事業の融合などで新しい国内需要を掘り起こしていく。

我々は「様々な課題はチャンスである」と考える企業です。課題はソリューション(解決法)を生み出すきっかけになる。

仏の嘘は方便、武士の嘘は戦略なり。

悪意ではなく無意識で行った情報の扱い方が時に不当な結果をもたらす場合もある。そのような事態に気づいた時点で速やかに指摘し、話し合い、あるべき公平な姿を修復するよう努める。ITが関わるビジネスは予想をはるかに超えるビジネススピードで成長するので、対応の速さがとりわけ重要だ。

歴史問題などの非常に微妙な問題は、慎重に考える必要があります。私の発信が国の発信ですから、たとえばアメリカが、それから中国、韓国がどう受け取るかを、常に念頭に置いています。

マーケティングというものは、常に絶対的にこうだということは、必ずしも言えない。常に相対的なものでしかないのである。

ページの先頭へ