内藤忍の名言・格言|相場は上げ下げを繰り返しながら、全体としては上がっていく

投資をやめた大半の人は、損をしてやめています。得をしてやめる人は少ないのです。しかし、株価が下がって、投資をやめた時点こそが底であって、そこから持っていれば上がった可能性もあります。相場は上げ下げを繰り返しながら、全体としては右肩上がりで上昇するものです。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社が何のために存在するかを考えれば、企業は本来、価値前提でなくてはなりません。目的や理念は、売上や利益の上に置かれるべきです。

横田英毅の名言|目的や理念は、売上や利益の上に置かれるべき


失敗と落ち込みを繰り返すと、「もう何をやってもダメだ」という気持ちになる「学習的無気力感」に駆られてしまいます。失敗経験を活かして誰かのために役立てよう、という考え方をもつことが、新たな局面を開きます。苦い経験を味わった人ならではの、きめ細やかなフォローができるでしょう。周囲からは、「困ったときに頼れる人」と、感謝されます。

ゆうきゆうの名言|学習的無気力感を脱するには


技術の大きな流れを目測すれば、成長が期待できる分野と成熟に向かう事業はおのずとわかってきます。社員みんなの理解が得られるように仕向けていくことで、戦略分野に人材や研究開発資金を重点的に振り分け、事業構造の変革を進めることが大切です。

大西実の名言・格言|技術の大きな流れをつかむ


飲みながら上司や先輩が体験したいろんなエピソードを聞くといい。昼の仕事モードではなかなか出てこない本音や裏話。そういうところに本当の生きた情報がある。

小阪裕司の名言|本当の生きた情報を得るには


ロシアのみならず、中国でもサウジアラビアでも、世界の国々がこんなことを望んでいる、こういうことに苦しんでおられるという時に「こうした構想で国を変えていったらいかがでしょうか? 日揮はそのお手伝いができます。プラントの建設でも、事業投資でも、どんな形でも貢献ができます」と提案をしていく。これが基本になります。

重久吉弘の名言|問題の解決策を提案する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ