内藤忍の名言・格言|投資で損した人は、損したところで投資をやめた人

このエントリーをはてなブックマークに追加

「投資なんて儲からないんでしょ」と、うそぶく人もいます。知人が株で大損したり、あるいは自分自身が当事者であったりすれば、投資なんてコリゴリと思うのも仕方ないかもしれません。しかし、投資で損した人は、損をしたところで投資をやめた人だという事実を認識してほしいのです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまで何十年もハードだけを売ってきた社員にいきなりサービスを売れといってもそう簡単にはいきません。そこで、今年2月に米国のITサービスの会社を買収しました。自社だけでなく外部の力も積極的に取り込むことで、事業環境の変化に柔軟に対応できるリコーを作っていきます。

ライトノベルやハウツー本を読んで、偉くなったり、本当にいい経営者になった人はいない。

ある日、深夜遅くまで一人で商品の陳列をしていたら、営業中と勘違いした客が立ち寄って、商品をごちゃごちゃ陳列した店内を面白がってたくさん買ってくれた。これが「ナイトマーケット」という鉱脈を掘り当てるきっかけとなった。

僕は自分の仕事によって世の中がよくなればいいと思っています。身の周りであれこれと言ってくる人というのは、世の中全体からみればごくごく一部ですよ。そう考えると、何か言われるかも、という場面でも「かかってこいよ」と思える(笑)。世の中の役に立つ仕事をするという視点があれば、勇気をもって自分の考えを話せます。

取り扱う商品・サービスは年々変わってきましたが「お客様の経営や業務の効率化を実現する商品・サービスを取り扱う」点については終始一貫しています。

仮に1ラインの生産能力が倍になると、新工場を建設する場合、必要な土地と建物の面積は半分ですみます。エネルギーコストも半分になります。労働力も半分ですみますから、少子高齢化社会でも大丈夫です。労働力不足も解決します。当然、設備に対する使用資源や工場建物の建築コストも半分ですみます。つまり、生産性のアップとは能力アップのことなのです。

上司から叱られるとすぐに落ち込んだり、不機嫌な顔をする人がいますが、叱られたら「あ、そうか」と気づくことが大事。叱られるには叱られるだけの理由があり、部下のことを考えている上司なら「お前のこういうところがよくない。こうしてみたらどうだ?」といった助言があるはずです。なぜ叱られたのかを考えて、自分の間違った考え方や行動を改善する方向に目を向けられる人が、平常心を保てる人ですね。

ページの先頭へ