内藤忍の名言・格言|投資で損した人は、損したところで投資をやめた人

「投資なんて儲からないんでしょ」と、うそぶく人もいます。知人が株で大損したり、あるいは自分自身が当事者であったりすれば、投資なんてコリゴリと思うのも仕方ないかもしれません。しかし、投資で損した人は、損をしたところで投資をやめた人だという事実を認識してほしいのです。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベンチャースピリットを持っている人は、たくさん賭けています。ときには裏切られて、勝率は7割くらいかもしれませんが、失敗を重ねているうちに耐性がついてきますし、勝率も高くなってきます。

小笹芳央の名言|失敗を重ねるうちに勝率も高くなる


採用面接において僕が重視しているのは、その人の考え方です。履歴書を見れば、その人の人生において決断した事柄が何かあります。大切なのは、その決断を下した理由です。もちろん理由に正解はないし、いろいろな考え方があっていい。ただ根本のところで共感できないと、同じ会社で同じ目標をもって働くことは難しい。逆に何か共感できるところがあれば、考え方に多少の違いがあってもいいんです。むしろそれがお互いの刺激になって、仕事を良い方向に導いていけるかもしれませんから。

田中良和の名言|採用面接で重視していること


助けてあげたいと思わせる人は、弱みをさらけ出せる人。自分の弱みを素直に認め、「困っているんだけど、どうしたらいいかな」と謙虚に助けを求める。そんな人に対して、周囲の人も素直な姿勢に親近感を抱き、「仕方ないな」と手を差し伸べる。

小倉広の名言|助けてあげたいと思わせる人は、弱みをさらけ出せる人


日本がいま、おかしくなっている最大の原因は、人をコストの一部と見なすようになり、人を大事にする経営姿勢が失われつつあることではないでしょうか。長期雇用をしなくなり、企業が人を育てようとしなくなってしまった。人づくりをしなくなった結果、会社がよい循環をしなくなってしまっているのです。

青木仁志の名言|日本企業が人づくりをしなくなった結果、会社がよい循環をしなくなってしまっている


「モノとコト」の両輪で新しいビジネスモデルを構築し、市場の活性化を図ります。ヤマハはもとから、楽器という「モノ」と子ども向けの音楽教室事業という「コト」で事業を行ってきました。今後人口の増える大人、特にシニアに対して、「モノとコト」の新しい形を提供します。

土井好広の名言|モノとコトを融合させたビジネスモデルを


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ