内藤忍の名言・格言|投資で損した人は、損したところで投資をやめた人

このエントリーをはてなブックマークに追加

「投資なんて儲からないんでしょ」と、うそぶく人もいます。知人が株で大損したり、あるいは自分自身が当事者であったりすれば、投資なんてコリゴリと思うのも仕方ないかもしれません。しかし、投資で損した人は、損をしたところで投資をやめた人だという事実を認識してほしいのです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日用品メーカーの社長として注意すべきことをイメージコンサルタントの方にお聞きしたら、「一にも二にも清潔感」とアドバイスをいただきました。清潔感を出すには白だと思ったのです。また、白にはもう一つ利点かあります。ビジネスシーンでは、全身が白の人はほとんどいないので、たとえば業界の会合に参加すると、かなり目立つのです。しかも、私はできるだけ前列の真ん中に座るので、イヤでも目について、「あ、鈴木社長が来てるな」と気づいてもらえます。これも「人たらし」の一つの手法なんです(笑)。

【覚え書き|公の場でいつも白いスーツを着用していることについて】

常に加盟店の持つ力との相乗効果を意識しながら、最大限の結果を導き出すための努力を、本部はしなければならない。

人と人の間には心の壁があるが、笑うとそれが崩れる。こうなると打ち解けて、本音を言い合えるし、一緒に笑った者同士、お互いのいいイメージが頭に残る。楽しい人とは何度も会いたいから、会って情報を共有しやすくもなって、いいことずくめだ。

ゴールがあるから蹴るんじゃない、俺が蹴るからゴールがあるんだ。

恵まれた環境にある人々にとって、グッチを買わなければならない合理的な理由はひとつもありません。もちろん、グッチの商品には高い品質もファッション性もあります。ですが、それは他のブランドにもあります。だからこそ我々は、「グッチはファッションだけのブランドではない」と伝えなくてはならないのです。

痛みなくして成長なし。成長には痛みが伴うもの。

私の母は、専業主婦でしたが、母の料理の手伝いをしているうちに、「料理って楽しい」という気持ちがどんどん大きくなってきて、小学校の時にはもう、将来は料理の世界に行くと決めていました。

営業には、直接の交渉相手ではなく「相手の上司が最終的な相手だぞ」と言っています。なぜなら、窓口の担当者にいくら気に入られても、その上司を説得できなければ買ってもらえないからです。

出遅れたと思う必要はない。

日本という国はお金を貸してくれるところもたくさんあるし、起業するリスクは思ったほどありません。失敗したとしても、サラリーマンに戻るのはそれほど難しくないでしょうし、ぜひチャレンジしてほしい。

ページの先頭へ