内藤忍の名言・格言|金融商品の手数料はシビアに比較する

このエントリーをはてなブックマークに追加

金融商品を購入する際、コスト(手数料)は利回りにしっかり響いてきます。証券会社を比較しても、まったく同じ商品でも販売先によって手数料が異なります。利回りアップを狙うなら、コストはシビアに比較していきたいものです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

重要なのは、闇雲に勉強を始めるのではなく、情報収集をすることです。TOEICの試験内容はビジネス寄りであること、トリック問題が多いこと、英語運用能力だけではなく情報処理能力も問われることを踏まえたうえで、教室や参考言選びに着手しましょう。

ありがたいことにお知り合いの方々からお仕事の紹介をいただくケースが多いです。私のデザインや商品に対する想いや姿勢はなかなか伝わりにくいので、実績としてお付き合いいただいているお客様からの紹介は非常に助かります。

お互いに反発ばかりしていてもどうにもなりません。大事なのは互いが異なる考え方を認め合うことです。そして、目標はひとつなのだと理解することです。

日々の小さな営みが、仕事では一番大切なんだと思います。ひいては仕事の成果にも影響していくんじゃないでしょうか。

中国人は自己領域の人「自己人」と自己領域外の人「外人」とをはっきり分ける考え方を持っています。自己人は家族をはじめ血縁、地縁、同じ目標に向かって行動する業縁で結ばれた人です。一方、外人はそうした縁のない人です。日本人は初対面の人でも。日本人は初対面の人でも割とすぐに信用しますが、中国人はすぐに信用などしません。まずは警戒し、敵と対する目で人を見ます。

成熟期に商品をヒットさせるには、ビッグデータなどを活用して新たなターゲットを発見し価値を提案することが重要。

タビオ創業の理念
凡(およ)そ商品は、造って喜び、売って喜び、買って喜ぶようにすべし。造って喜び、売って喜び、買って喜ばざるは道に叶わず。

めの裏付けになる財政基盤がなかったら、それは戯れ言でしかない いくら理想の高いことを言っても、それを達成するための裏付けになる財政基盤がなかったら、それは戯れ言でしかない。

自宅で落ち着いて反省するモードになりにくいのであれば、たとえばカフェなどで20分と決めて考えるのもひとつの方法です。まずは1日の行動を振り返ることを3週間だけでも継続してみてください。それだけでもその人のビジネス人生は大きく変わっていくと思います。

同じことを繰り返して心の習慣にすると、だんだんと見えてくるものがある。

ページの先頭へ