内藤忍の名言・格言|金融商品の手数料はシビアに比較する

このエントリーをはてなブックマークに追加

金融商品を購入する際、コスト(手数料)は利回りにしっかり響いてきます。証券会社を比較しても、まったく同じ商品でも販売先によって手数料が異なります。利回りアップを狙うなら、コストはシビアに比較していきたいものです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

周りやほかの誰かがやっているからではなく、自分で考えたことを、素直に行動に移すことが大事。

行うべき行動を言葉にして紙に記すと、それは書いた時点で形骸化が始まってしまいます。野菜は収穫した瞬間から腐り始めるように、理念も文字にした瞬間から腐り始める。やがて理念は陳腐化し、過去のものとなり、遺物となる。会社においてあるべき理念とは、現に生きて動いているべきであって、経営者の仕事の仕方や生きざまを含めたものでしょう。

常に3つぐらい手を打っていかないと、危機的状況は回避できない。

エジソンが最初に特許を取得したのは通称「電気投票記録機」と呼ばれる発明。議会で投票をするとき、前方の壇上まで投票に行くことなく、自分の座席で賛成、反対のボタンを押すと自動的に集計され、一瞬にして法案が成立するかどうかが判明する装置である。しかし、まったく相手にされなかった。当時の議会の少数党は牛歩戦術を常套手段としていた。日本の国会でも何度も実施されているが、1歩進むのに何分も時間をかけて、審議を時間切れに持ち込もうという戦略である。一瞬で採決が終了するエジソンの発明は時代の背景を読まない技術本意の発想であったというわけである。この失敗を契機に、エジソンは社会の需要がない発明はしないと固く決意した。

トーナメントプロを続けていても、私はなかなか試合には勝てない。仮に小さな試合に勝つことがあったとしても、20年後に自分のことを覚えていてくれるだろうかと、いつしか考えるようになった。このままだらだらと続けていて、気力や体力が衰えてきたことに気付き、そのときに違う道に転進を考えても、そこには既に別の人がいるだろう。それならばここできっぱり足を洗い、新たな道に踏み出そう。人生のやり直しではあるが、プロゴルファーのライセンスを持っての仕切り直しだから、ゼロからのスタートではない。それなら早いに越したことはないと。

現在、売上高の約半分が海外ですが、品質や技術を磨き、地域に貢献する国内工場と、それをグローバルに展開することが不可欠。

相手の会社が属する業界の話は、本題への「つなぎ」にもなる良い話題です。「印刷業は今、大変ですね。ネットにシェアを奪われてお困りでは?」と水を向けると、相手の立場への気づかいも伝わります。

ページの先頭へ