内藤忍の名言・格言|分散投資の役割はリターンの振れ幅を小さくすること

このエントリーをはてなブックマークに追加

リターンの振れ幅を小さくするのが分散投資の役割です。国内株式とは、リスクの種類や値動きが異なる、国内債券、海外の株式・債券などに分散して投資する。これが、資産全体のリスクを軽減し、利回りを安定させる近道となります。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

相手との信頼関係は、普段からバランスのよいキブアンドテイクを積み重ねていくことによって継続されます。

失敗によって人は鍛えられる。

ひとつの事柄で自分の人生が大きく変わったわけではなく、すべての出来事の積み重ねがいまを作り出している。だから、「人生の転機は?」というと、「これまでのあらゆる出来事が、転機になった」。そんな答えになるんじゃないかと思います。

独身者の強みは、家族を気にすることなく、思い切った生き方ができることです。誰に気兼ねすることなく起業できますし、外国に渡ることもできます。その特権を生かさなければ、もったいない。

宗教は、その社会の価値観やシステムとも深く連動しています。宗教を知ることは、その国の本質の部分を知る重要な手がかりになるのです。

アメリカのアムジェン社というベンチャーと合弁で、貧血治療薬を開発するプロジェクトに配属されたとき、経営の厳しさを目の当たりにしました。アムジェンの創業者たちは、人生をかけています。もちろん、こちらも真剣に取り組んでいるのですが、やはりキリンの一部門ですから、「潰れたら他のことをやればいいか」と思わないではいられなかった。命がけて仕事をしている経営者たちと接して、帰りの飛行機の中で考え込んだこともしばしばでした。いってみれば、経営の厳しさとロマンをここで注入されたわけです。

先を読むポイントは、個別の変化をつかむだけでなく、大局観を持つことです。それには歴史を勉強し、日頃から知識を積み重ねていくしかありません。事業でも投資でも、これらなくして成功をつかむことは無理でしょう。

米国の企業は、業務システムについては外部の出来合いのものを導入します。数年かけて自社開発するのではなく、その分、本業にエネルギーを費やすべきという合理的な考え方が主流です。例えば、スーツをオーダーすれば体型にピッタリしたものが作れます。しかし、値段は高く、完成までに時間もかかります。既製服であれば安く買て、すぐに着ることができます。弊社のシステムはこの既製服と同じで、安く、すぐに利用することができます。

普通、多角化というと、本流の人から見ると飛び地です。うちの場合はいろんなことをやっていて、主流意識が薄いせいか、自分たちのところに全力投球できます。

目標を失って会社を辞めようと思ったとき、僕も自分は何がしたいのかと真剣に考えました。思い当たったのが中学、高校の部活です。体育会のテニス部のキャプテンだったのですが、2回とも弱いチームを市内有数の強豪校にすることができました。振り返ると、僕は高い目標をかかげて、チームを強くしていくことが好きらしい。それを仕事にするなら、プロの経営者。そのころ日産を立て直したカルロス・ゴーンさんが話題になっていて、ああいう経営者になりたいなと。

ページの先頭へ