内藤忍の名言・格言|分散投資の役割はリターンの振れ幅を小さくすること

このエントリーをはてなブックマークに追加

リターンの振れ幅を小さくするのが分散投資の役割です。国内株式とは、リスクの種類や値動きが異なる、国内債券、海外の株式・債券などに分散して投資する。これが、資産全体のリスクを軽減し、利回りを安定させる近道となります。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

直近の11年間はローソンの営業利益が毎年伸びた。社会がデフレに苦しむ中、みんなと同じ行動をするのではなく、違うものをやろうとチャレンジしたことが大きかった。

上司を喜ばせることを考えるな。上司と戦ってでも会社として正しいことをすべきだ。

午前中は頭脳の働きが冴えているので、稟議書などの書類を読み込んだり、難しい文書を作成したりという仕事にあてています。集中力が落ちてくる午後には、人と会って刺激を受けます。それが4時半までです。5時を過ぎると再び集中力が高まってくるので、またデスクワークに専念します。退社時間は、20代のころは夜12時と決めていましたが、60代のいまは8時に切り上げています。

ネットの世界はロングテールと言われるように、ニッチな分野にこそ「いいものにはお金を払いたい人」がいて、チャンスが潜んでいます。

話の面白い人は、次々に話題を出しているように見えますが、実際には話の流れに関連して何かを思い出しているのです。ただ、緊張していると思い出せないので、できるだけ緊張をほぐし、楽しい気分で過去を振り返ってみれば、面白い雑談のネタが見つかるはずです。

各事業部がそれぞれ数千億円位の売り上げを占めるようになると、事業部間の壁が高くなりかねない。それを支店とか支社とか、そういう段階でできるだけその壁を低くして、情報を共有化させるということがすごく大事。

当初は色んな人に反対されましたよ。「日本人のネイティブ信仰は強い。フィリピン人から英語を学ぼうなんて思うわけがないだろう!」と言われてね。でも、そのとき僕は諦めませんでした。自分自身が英語をマスターしちゃったわけですから、いくら批判されても信念は強かったですね。「ネットで宣伝しながら、まずはオンラインのビジネスを地道にやろう」と思い、試行錯誤を重ねて少しずつ大きくしていきました。

ページの先頭へ