内藤忍の名言・格言|分散投資の役割はリターンの振れ幅を小さくすること

リターンの振れ幅を小さくするのが分散投資の役割です。国内株式とは、リスクの種類や値動きが異なる、国内債券、海外の株式・債券などに分散して投資する。これが、資産全体のリスクを軽減し、利回りを安定させる近道となります。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

核の部分を読むと、著者のことがわかった気になるでしょう。気になるだけでいいんです。他人の頭の中なんてわからないんですから。

松尾貴史の名言|わかった気になるだけでいい


新しい価値の提案こそがメーカーの役割ですが、それがまだ足りません。何もしなくてもお客様が飲料に興味を持ってくれるような、幸福な時代は終わりました。成熟した市場でヒットを出すには、既存のカテゴリーに驚くような新しい付加価値が必要になってきます。それを常に考えながら、覚悟を決めてどんどんチャレンジしていきたい。

首藤由憲の名言|成熟市場でヒットを出すには


自分が昨日と違っているという成長を感じている限り、ものごとを投げ出す人はいないはずです。だからそこに社員の意識を持っていくのが経営の仕事なんです。

井上英明の名言|社員に成長を感じさせることが経営の仕事


目の前の人が何を喜ぶのかと考えるとき、大切なのは、「自分たちはここまでしかできない」といった思い込みを少し超えることなんです。

鎌田實の名言|自分たちがしてあげられることに限界を設けないことの大切さ


東京ディズニーランドの歴史の中では、廃止・縮小したアトラクションも少なくありません。それぞれのアトラクションを個別の事業に見立てれば、危ないと思った時に撤退する勇気も必要です。

加賀見俊夫の名言|危ないと思った時に撤退する勇気も必要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ