内藤忍の名言・格言|投資はリスクから考え、その中で一番いいリターンを出していく

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスクを取らなければ、利回りアップは得られません。しかし、大事な資産をパーにしてしまったのでは元も子もありません。「どこまで損する可能性があるのか」、さらに「自分はどこまで損失を許容できるのか」を考えることが大前提です。つまり、リターンではなく、リスクから考え、そのなかで一番いいリターンを出していくのかを考えるのです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

行動に移すポイントは、本で読んだことを、ひとつでもいいから1秒でも早く実践することに尽きます。

ファストフード業界はこれからも大きく変化し、「食」のあり方も変わっていく。どんなに時代が変わっても私たちはお客様の声を真摯に聞き、サービスも進化させていく。

部下は上司が伝える言葉が具体的なものであるかどうか、絶えず確認しておく必要があります。たとえば、「売上率10%アップを達成しよう」と指示するだけの上司は、言葉が抽象的すぎて問題があります。上司が細かく分析して具体的な指示を出すことで、部下の行動が期待できます。

「隣の会社がこうだから」という議論は絶対にやめた方がいい。規模ではなく、独自の価値を追求することで生きていく。そんな会社を目指すべきではないか。

グループ内のすべての関連企業は学習塾を経営するために存在している。

時には二人の意見が異なることがあっても、自分の意見が是か非か、自ら心の中で裁判すれば、他人に判断してもらうような面倒を掛けなくとも、早速に落ち着くところに落ち着くであろう。

何カ月にも及ぶレース中も、ヨットの上で毎日ヒゲを剃ります。なぜなら僕にとっては、それもやるべきことだから。心身の準備を整えることが目的ですが、実際問題、船底などで何かトラブルが発生すれば、水中メガネを着けて自分で修理に行かなければなりません。そのときヒゲが伸びていると、そこから水が入ってきて困るという理由もあるんです。

ページの先頭へ