内藤忍の名言・格言|投資はリスクから考え、その中で一番いいリターンを出していく

リスクを取らなければ、利回りアップは得られません。しかし、大事な資産をパーにしてしまったのでは元も子もありません。「どこまで損する可能性があるのか」、さらに「自分はどこまで損失を許容できるのか」を考えることが大前提です。つまり、リターンではなく、リスクから考え、そのなかで一番いいリターンを出していくのかを考えるのです。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新卒としての下積み経験もまた、その後の人生の豊かさにつながります。経営者の子息として生まれても、直ぐに親の会社には入社せず、取引先などで下積みをするのは、幅の広い経験をするためです。

久野康成の名言|下積み経験は、その後の人生の豊かさにつながる


「間違えるのが怖いから、話す前に本を読んで勉強しよう」と言う人がいますが、たいていは本を読むだけで一生が終わってしまいます。別に「三単現のs」がついていなくても、theがaになっても良いじゃないですか。そもそも私たちは日本語のネイティブなのだから、英語のネイティブを目指す必要などありません。

安河内哲也の名言|私たちは日本語のネイティブなのだから、英語のネイティブを目指す必要などありません


私はインターネット時代に本の価値が相対的に高まっていると思います。一冊の本には長い時間と多くの人の手がかかっていますよね。たとえば「2ちゃんねる」の書き込みで真実を判断するのは難しいですが、出版社が手をかけて出した書籍に書かれていることは、少なくともネット上の情報よりはよほど質が高いはずです。

竹田恒泰の名言|インターネット時代に本の価値が相対的に高まっている


利益をしっかりと確保する仕組みをつくることも重要なポイントです。どんなにすばらしい商品やサービスがあっても、それを販売する段階で適正な利益を確保できなければ、企業は成長していくことはできません。

塚越寛の名言|利益をしっかり確保する仕組みを


近大の強みは、ビジネスと直結した「実学教育」を理念としていること、そして、総合大学でありながら理系の裾野が広く、ものづくりでは圧倒的な強さを持っていること。

世耕石弘の名言|近大の強み


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ