ウォーレン・バフェットの名言|金持ちになるための2つのルール

金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。
【ルール1】絶対にお金を損しないこと。
【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。

ウォーレン・バフェット の経歴

ウォーレン・バフェット。1930年、ネブラスカ州オマハ生まれ。アメリカの著名な株式投資家、経営者、慈善家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの最高経営責任者。「オマハの賢人」とも敬愛を込めて呼ばれる。 11歳で初めての株式を購入する。ネブラスカ大学を経て、コロンビア大学ビジネススクールで経済学修士を取得。綿密な企業分析・社会分析をもとにした長期の株式 投資によって財を成す。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は負けず嫌いなんです。これまでほとんどの仕事で最初に設定した目標を達成していますが、これはと思った事業は、成果が出るまでやり続けるからでしょう。

当社の餃子は47年間続いてきた中で小さなイノベーションを起していきながら商品改良を重ねてきました。その結果が、いまでも店舗数が増えているという実績だと思うのです。

危機的状況になったとき「日本ATMの本当の実態はこうだ。このまま何もしないでいくと何年か後に必ず潰れてしまう。このタイミングこそ、新しい事業に社員も含めて変化をしなければならない。日本ATMをこのような会社にしたいんだ」と将来のビジョンとそこまでのステップを明確に説明しました。

心理学にはセルフ・シンクロニー(自己同調行動)という概念があります。要するに「気持ちは動作に出る」ということ。たとえば同じ「ありがとうございます」という言葉でも、本当に感謝しているときと口先だけのときではお辞儀の角度が変わります。好きな人はつい見てしまいますし、嫌いな人に会うと表情がこわばります。

依頼したあとに「何か質問は?」と尋ねると、「特にありません」と言われることが多いと思いますが、「強いて挙げるなら?」ともう一歩踏み込みましょう。その返答次第で、相手の理解度を測れるでしょう。

40代になって思うのは、「40代って楽しいな」ということ。これまで一緒に頑張ってきた仲間が決定権をもつポジションに就くようになったので、「これをやりたいな」と思うと、実現することが増えたんです。ビジネスの世界でも、30代のとき、目の前の仕事に必死に取り組んだ人には、きっと楽しい40代が待っているんじゃないでしょうか。

僕は生意気だと思う。「お前は何様なんだ!ちょっとAVで儲かったくらいで威張るんじゃねえ!」と言う声が聞こえてくる。でもそれは僕に言わせてもらえば波風なんだ。発展途上の人間はこの波風を避けて生きていけないと思うんだ。避けた瞬間から発展は終わってしまうんだ。

よく言う者はあれど、よく為す者は少なし。
よく為す者はあれど、久しくする者はさらに少なし。
久しくする者はあれど、敬を加うる者はさらに少なし。

人やモノ、そして情報が集中する東京に身を置くことで、刺激を受け新たな発想が生まれると考えました。
【覚え書き|福岡から東京に移ったことについて】

人は相手の反応を見て、自分の「存在」や「関係性」を敏感に汲み取ります。そこに特定の癖が加わると、「自分の存在を軽く見ている」というマイナスの感情を相手に与えてしまう。普通なら気にならないただの癖も、特定の人にはとても不快に映る。

ページの先頭へ