永守重信の名言・格言|積極的にチャレンジしている人を叱る

私の教育は「叱って育てる」スタイルです。部下にメールを送るときも、褒めるよりも叱るケースが圧倒的に多いです。しかし、叱られるのは、その人が積極的にチャレンジしている証拠です。社内では「社長に叱られるほど偉い」というイメージが出来上がっています。

永守重信 の経歴

永守重信、ながもり・しげのぶ。日本の経営者。「日本電産」創業者。京都府出身。職業訓練大学校(のちの職業能力開発総合大学校)卒業後、日本の音響機器メーカーのティアック、機械メーカーの山科精器を経て、日本電産を創業。社員3人とともに会社をスタートさせ、同社を世界シェアトップ製品を持つ会社に成長させた。また、数十社の経営再建を成し遂げた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一方的な叱責や説教は、お互いの関係にヒビを入れるだけで、建設的な関係に発展することはありません。

柴田昌治の名言・格言|一方的に叱ることは有害


叱るのは、社員の成長が目的なのですから、より効果的な方法を選ばなくてはなりません。

宗次徳二の名言|叱ることの目的


「よくそんなことを思いつきましたね」と言われますが、僕は逆に「何で常識に従うんだ」と叱るんです。人と違うことをやろうと考えているんじゃなく、どうすればお客を喜ばせられるかを絶えず考える。すると常識を壊さなきゃいけなくなるってことなんです。

高橋がなりの名言・格言|何で常識に従うんだ


上司のぶつける感情が受け取る側のヒットゾーンに入るかどうかで、部下の受け止め方は変わってきます。従って、計算された演出として強く叱るのはアリだと思いますが、感情に流されるまま叱りつけることは、とくにデリケートな人が相手の場合大問題です。

最上悠の名言・格言|感情に流されたまま叱らない


前提として互いの理解と信頼がなければ、いくら叱っても子供に真意は伝わりません。避けられるだけです。叱る以前に、子供に関心を持ち、夫婦で協力し、愛情を注ぎ、自ら手本となる生活をし、別人格として子供を尊重する……といった家庭、夫婦のコミュニケーションがしっかりしているかどうかが重要なのです。

諸富祥彦の名言|子供に真意が伝わる叱り方


叱るときはアフターケアが重要です。まずは一旦は落ち込ませる、叩きのめす。それから今度は戻してやる。その繰り返しです。

永守重信の名言|叱るときはアフターケアが重要


褒めるときも、叱るときも、真剣でないと相手にこちらの本意は伝わらない。

樋口武男の名言|真剣でないと相手にこちらの本意は伝わらない


みんなの前で叱るのは絶対にダメ。相手のプライドを傷つけて恨みを買うだけです。

齋藤勇の名言|みんなの前で叱るのは絶対にダメ


最近は、上司が部下を叱るのを避ける風潮があるようです。しかし、叱ることができないのは、信念も思いも希薄な証拠です。リーダーが叱らざるをえないときに叱らないと、組織は弱体化します。

稲盛和夫の名言|叱ることができないのは、信念も思いも希薄な証拠


お前を5分叱ることで、お前はわしを2時間も3時間も占有したんやど。わかっとるやろな。わしがもう何も言わんようになったら終わりや。わしが叱ってるのは、お前に期待してるからや。
【覚書き|部下を叱ったときの発言。氏は叱る前日からどうやったら部下に理解させることができるかを何時間も考えてから叱った】

堀場雅夫の名言|部下を叱るときは何時間も考えてから


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ