桜井正光の名言・格言|人に優しい製品をつくる

誰もが簡単に情報にアクセスでき、新しい情報を手に入れられ、簡単に加工もできるというのが「人に優しい」ということです。そういう考えでモノづくりをしないと、技術者は個別最適の高性能ばかりを追求してしまい、結果として消費者にとっても使いにくい製品になってしまいます。誰にも使われない製品は資源の無駄です。

桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

雑談に苦手意識を持っている人は大抵、「内容のある話をしなければ」「長く話さなければ」などと思い、尻込みしています。ここに大きな誤解がある。雑談に、決まった形はありません。内容が問われるわけでも、結論を出す必要があるわけでもない。テーマの設定だっていらない。もちろん、時間も決められていません。一言二言、短い言葉を交わすことだって、立派な雑談です。

野口敏の名言|雑談は内容がなくても短くても大丈夫


我々は、お客さまがご要望されることに応えていくことが第一の使命だと考えております。ですからいろいろな分野に挑戦しています。

前川正の名言|お客さまがご要望されることに応えていくことが第一の使命


どんなに迷うような決断も、お客様の立場から考えれば間違えることはまずありません。

木瀬照雄の名言|間違った決断をしない秘訣


チーム内でチェックリストを共有し、仕事を標準化すれば、誰がやっても同じように成果が出せるようになる。そうなれば、上司のイライラは確実に減らせます。

石田淳の名言|仕事を標準化し、誰がやっても同じように成果が出るようにすることが大切


保険を扱う人間がまず考えなければならないこと、それはいかにたくさんの売上をあげるかではなく、自分の勧める商品がお客様にとってどれだけ役に立つかということです。

杉山健二の名言|売上よりもお客様にどれだけ役に立つかが重要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ