桜井正光の名言・格言|人に優しい製品をつくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが簡単に情報にアクセスでき、新しい情報を手に入れられ、簡単に加工もできるというのが「人に優しい」ということです。そういう考えでモノづくりをしないと、技術者は個別最適の高性能ばかりを追求してしまい、結果として消費者にとっても使いにくい製品になってしまいます。誰にも使われない製品は資源の無駄です。


桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ヒット作を出すには、基本をおろそかにせず、その上で工夫が求められる。

男性社員か社長以上に恐れているのは、奥さんの存在です。表向きは偉そうにしていても結局、家では奥さんに頭か上がらないのが実情です。社員を動かしたければ、この力関係をうまく利用すればいい。頑張らせたい社員がいれば、奥さんの誕生日や結婚記念日に、私からハガキを出します。「いま、ご主人は部長候補で頑張っているので、家庭を顧みず仕事をするかもしれません。奥さん、ご協力をお願いします」と。このように書くと、普段は帰りが遅いと不満をいう奥さんも、旦那をけしかけて働かせるようになります。私が頑張れと本人に直接いうより、こっちのほうが効果がある。

2度のリストラの中でも、私が当初から掲げていた基本戦略は「成熟産業でも成長する」ことでした。成熟して伸びないと言われる分野でも、特定の事業に力を集中したり、他社と再編することでシェアを高めれば成長できるという考えです。

当社の特徴は、人材の約8割が事業会社かコンサルティング会社出身という点です。通常、ファンドというと金融機関の投資銀行部門の出身者が8割ほどを占めますが、ベインは逆です。きめ細かく現場をサポートする点も強み。

「この人はできる!」と思ってもらえる人と、そうでない人の違いは、相手の心をくみ取れるか否かに表れます。いかに相手を尊重できるかがキーポイントなのです。

横軸を時間の経過、縦軸をパフォーマンスとして、社員の成長をグラフにして見たとき、私が期待するのは「成長角度」、つまりグラフの傾きの大きさです。成長角度が大きい社員は、スピード感を持って、ものすごく効率的に仕事ができるようになります。成長角度の大きさを左右するポイントは「向上心」「地頭の良さ」「素直さ」です。なかでも、とくに素直さが重要。いくら最初の時点でのパフォーマンスが高くても、素直さがなければ成長角度は期待できません。

社長就任後、全社朝礼の回数を増やし、課長クラスの社員数名に現在の自分の仕事内容などを話す機会を設けました。若手や中堅社員に、自分と同世代のグループ・社員が現在どのような仕事をしているか、興味を持って聞いてもらうためです。

ページの先頭へ