桜井正光の名言・格言|人に優しい製品をつくる

誰もが簡単に情報にアクセスでき、新しい情報を手に入れられ、簡単に加工もできるというのが「人に優しい」ということです。そういう考えでモノづくりをしないと、技術者は個別最適の高性能ばかりを追求してしまい、結果として消費者にとっても使いにくい製品になってしまいます。誰にも使われない製品は資源の無駄です。

桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分のポジションをまっとうすれば、他の人のことも見ることができる。そうすれば、誰かのプレイも助けることができる。

我々の利益を最優先にするのではなく、まずはお客様のニーズに応えることで満足を高めていくことが、最終的に自分たちの成長につながる。

上司、そしてさらに上の役職者と付き合うことによって、ビジネスマンは視点の高さを手に入れられます。視点が高ければ、問題のとらえ方が多角的・広角的になり、仕事の幅も出てきます。いつでも「上位者だったらどう考えるか」という意識を持つようにしましょう。

俗人が見るのは形である。君子が見るのは心である。

プレゼンのときは、直感と論理の両方を働かせますが、おそらく主観の方が多いでしょう。調査データはいいことしか言わないので、顧客と同じ主観を持つことで、データの矛盾を見抜いたりします。

変化に対応しないと企業は生き残れない。

全力でいろいろ試してみることが大切。無駄かどうかは、やってみないと判断できない。全部やってうまくやれたものだけを残そうという考え方をするといい。

いまの若い人たちは、結果、成果、評価がすぐ出ないものにはのめり込めない傾向があるように思う。豊になったがために、耐え忍ぶという風潮はたしかになくなってきている。世の中がそういう時代になっているのだから、それはある意味致し方ないことかもしれない。だが、なにか事をなし遂げたいと思うのであれば、忍耐はどうしても必要なものとなってくる。

リーダーは自分が信ずるところ、「正義」と「道理」に基づいて行動しなければいけません。また、「私」を捨て無私にならなければリーダーシップの発揮に難が出てきます。

ある時、豊洲の大きな火力発電所のボイラーなどを解体していたのですが、隣にガス会社があったのです。周辺の再開発でガスタンクが不要になるとわかっていたので、なんとかこの大きな仕事を取りたいと毎日上からガスタンクを眺めていました。すると、ふとアイデアが湧いてきた。神様が私の背中をそっと押してくれたと思っています。
【覚え書き|りんご皮むき工法を思いついたきっかけについて】

ページの先頭へ