渋沢栄一の名言・格言|信を守らねばたちまち失敗する

このエントリーをはてなブックマークに追加

最も重んずべきは信である。信を守らねばたちまち失敗す。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中古車買取価格を比較する「ナビクル」、中古車販売サイト「なびくる+」、結婚式場情報サービス「すぐ婚navi」。これらも「引越し侍」のモデルを水平展開したものです。今、売り上げの約4割がこのライフスタイルサポート事業が占めています。

グローバルな競争が行われる時代となる一方、モノを言う株主も出てきて、経営が非常に複雑化しているので、実際は社長一人だけでなかなか対応できない面もあると思います。社長を中心とした良い経営チームで対応しないと難しいでしょう。ただしチームを編成し、リードするのも社長次第ですから、結局は社長で決まるといえます。

何も関係の無い所からヒントを得るからこそ、新しいものが生まれまる。

ベンチャー企業がパブリックカンパニーになるために、それを支えるCFO(最高財務責任者)の役割は非常に重要。

仕事に取りかかる前にやるべき3つのステップ

  1. やるべき仕事をすべて書き出す。
  2. そのうち捨てる、もしくは部下や外注など人に任せる仕事を決める。
  3. 残りの仕事に優先順位をつける。

職人芸では経営が上手くいきません。職人は1つの事をやらせると素晴らしい能力を発揮しますが、どんどん広げて組織としてやっていく能力が低い。

企業が市場の変化を的確に取り入れ、事象に柔軟に対応するためには、社員をなるべく多彩な環境の新しい経験に触れさせ、常に新しい風を送り込む人事制度を構築することです。

ページの先頭へ