渋沢栄一の名言・格言|自分の行動が世間の信用を失う恐れがないか考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

(一切投機をしない理由は)世人より投機者流と見られ、世間の信用を失うようにならぬとも限らぬ。すなわち一時は利益を得ても、永い年月の中には、大いに損をすることになるべし。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分にとっての転機は海外赴任でした。3年間の刺激的な海外赴任の中で、過去に経験したことがない課題、答えのない問題にどう取り組むか、ということを学びました。

運行の現場では、昔からやっている仕事のやり方がベストではない。常に見直そうと言い聞かせてきた。

3人の友が必要。「原理原則を教えてくれる友」「人生の師となる友」「直言してくれる友」だ。最後のは俺の場合、嫁さんやな。耳の痛いことばかり言うわ。

研修は、学びを実践に移さなければ何も変わりません。「いい話が聞けました。これからの参考にしまーす」などと言って流されると、「ああ、何も変わらないんだな」と泣きたくなるほどつらくなります。

集中というのは、一定時間内により多くの作業をこなすことを意味します。つまり、「時間」と「量」という二つの要素から成り立っている。ですから、勉強をする時は、その両方をセットにして目標を立てなくてはいけません。時間だけでも、量だけでもダメ。「今日は教科書を5ページやりましょう」、あるいは「今日は一時間やりましょう」ではなく、「今日は5ページを1時間でやりましょう」という目標設定をしないと、集中は得られないし、本当に効果のある学習にはなりません。

私にとってチップセット事業は、アイデアを広める流通網みたいなものだ。社員にもそう説明している。アイデアがあれば、それを3ヶ月で1億5千万人の暮らしに届けることができる。

突拍子もないアイデアを誰かが突然ひらめいて、会社が丸ごと変わってしまうこともあるだろう。だが、ビジネスパーソンが目指すべき創造性のレベルは、必ずしも大それたものである必要はない。むしろ、大それたことを狙わない方がいい。ポテンヒットでいいからつなぎ、次のヒットで点が入る、それを繰り返していくぐらいの感覚で構わないのだ。そして、繰り返していくうちに、気がついたら長打力が身についていくという形だ。

ページの先頭へ