孫正義の名言・格言|波乱万丈な人生だが、本人にしてみれば面白くて仕方がない人生

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は自分の人生は波乱万丈ではあるけれど、やってる本人にしてみれば面白くて仕方がない人生だと思っています。何度でも孫正義の人生をやりたい。たとえ無鉄砲だと言われても。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

そりゃあ、早い段階で始めるに越したことはないです。ただ、見ているとあんまり関係ないです。覚えが速い子は自分で勉強しますし、ちゃっちゃと育っていきますから。

私は業種交流会などで人に出会ったとき、名刺を二つに分けて名刺入れにしまいます。ひとつはメールを送る必要がある人、もうひとつはメールを送る必要がない人です。しかも、メールが必要な人については、その人と話しながらその人にしか当てはまらないお礼の言葉を考え、会合が終わったらすぐに書いて送ります。このように事前に要点をおさえておけば、時間の節約だけでなく、人脈も無理なく広げられるのです。

易しいことを一生懸命やることが、将来、難しい仕事へとつながっていく。

企画書を書く時間ももったいない。企画書は、議論のためのたたき台でしかない。「あのデータがほしい」「もっときれいに見せたい」と努力する余裕があるなら、不完全でもいいから外に出すべきだ。

自己資金があっても、借りられるだけ借りておくことも大切。いざ資金繰りがつかない時に取り崩せばいい。また、借り入れはきちんと返済すれば金融機関の信用につながり、次に資金が必要になった時に借りやすくなる効果もあります。

私は、確固とした自分があって、人生上の目的や夢を実現するために、会社という仕組みを使ってやろうと考えるタイプだ。自分の夢を叶えるために、何度も会社を移り、違った組織を率いてきた。僕なりの忠誠心はあるが、それは会社に対するものというより、仕事や職業に対するものなのだ。

自分の文章を客観的に見るには、一晩寝かせるのが有効。朝、理性的な状態で読んで、文章のテンションが高すぎると感じたり、ピンとこない案だったら、迷わずやり直しましょう。パソコン上だけでなく、プリントアウトして客観的に見るのも手ですね。

周りからの支え、いままでの自分の得てきた経験などすべてが、いまのテニスプレーヤーとしての自分を形づくっていると感じます。

リーダーシップとは、目的を達成するために断固としてやり抜く精神力や覚悟を指すわけです。そして、多くの人たちの心を動かすことができる人であることも重要です。心が動けば体もお金も動きますから。

組織全体がフラットでオープンで、言いたいことが言える環境づくりにも力を注いでいます。風通しの悪い組織では、良い人材は育ちませんから。

ページの先頭へ