孫正義の名言・格言|のほほんとやっていたら、つぶれてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

のほほんとやっていたら、あっという間につぶれてしまうのがベンチャーです。ベンチャー企業イコール危なっかしいってことです。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客に感動を与える具体的な方法は、商品の価値を高めるのは当然として、顧客がその商品を購入して、使うまでの一連の「時間」の価値を高めることを強く意識することに尽きる。この「時間価値」を高めることが、高単価、継続購入につながるからだ。顧客に高い時間価値を感じさせるために重要なのは接客だ。いい接客は、「その商品を購入すると、高い時間価値を得られるぞ」と顧客に想像、予感させることに直結するからだ。

批評家の立場に回れば、相手の事情を鑑みずに、「正しさ」だけを一方的に主張して相手をねじ伏せられるので、とても気分がよくなります。そうして得た自己陶酔感は、歪んだプライドを生み、麻薬のように人を狂わせていきます。人は、楽な逃げ道を覚えてしまうと、厳しい現実に向き合うことができなくなります。そうなると、困難に立ち向かわなくなり、ビジネスパーソンとして終わりを迎えます。

困難な課題に直面したとき打開するために必要なのは、「自分は間違っていない」という能力の過信でもなければ、「自分は間違っていた」という全否定でもありません。信念は持ちつつも、困難な状況に応じて自らの思考を開いていく謙虚さです。また、人は苦しい状況になるほど人の痛みがわかるようになります。他者への共感は、他者とともに困難に立ち向かう場を生み出します。やがて、これまでにない知恵と力が生まれ、状況が変わり、不可能が可能になります。

人は間違いを犯す生き物で、その間違いは自分や自分の可能性を決定づけるものではありません。「やるべきこと」は、「失敗や間違いから自分はどう立ち直るか」「その経験から得られる教訓は何か」と考えることであって、「だから自分はダメなんだ」と自分を責めることではありません。

気を付けて欲しいのは、毎日少しずつ片づけるということです。いきなり部屋全部を片付けようと思わないでください。1日15分でもいいでしょう。15分で片づけられる範囲から始めるようにしてください。

NTTはキャリアステップが明確で、10年先の自分がはっきり見えるんです。当時、「あいつは40歳前後で何とか支店の課長になる」といわれていた同期の友人は、いま実際に某支店の課長になっています。先のことがきちんと計算できる世界はいい面もあるのですが、私は違和感を感じました。それでNTTの同期が起業したベンチャーに転職したのです。

ロジックから入るアメリカ人とは異なり、「機械の使い勝手を良くしたい」とiモードや第3世代携帯電話を生み出した日本人的発想と、失われていない製造業のノウハウは重要な要素だと思います。

売上げ至上主義で、自社のブランドも主張しないで、売れる商品を作る下請けになればある程度は売れます。しかし、それでは会社としての独自性がない。

ジムは朝6時からやっているので、最近は出社前に身体を動かす習慣ができました。早起きをするとイライラする頻度が減ったような気がしますし、体力だけでなく気力も充実してきたような気がします。

スポーツ選手が平常心で戦いに臨めるのは、もうこれ以上できないと心の底から思える程練習を重ねた時だ。これ以上できないくらい練習したんだから、試合の当日、焦ったり不安になったりすることはない。勝敗をこえた心の強さが支えとなる。

ページの先頭へ