孫正義の名言・格言|小売り、製造業は農耕民族。インターネットの世界は狩猟民族。

このエントリーをはてなブックマークに追加

小売りや製造業は農耕民族みたいな性格があるかもしれません。対してインターネットの世界は狩猟民族的なところがあります。ある日突然、パソコン一台を肩にさげてきた若者が、業界を席巻することもありうるのです。だから、私としては常にフィールドを眺めてチャンスの芽を探しておかなくてはならない。チャンスを見つけたら、素早くとびかかって事業にする。レーダーで探査していないと、一瞬のうちに抜き去られてしまう業界です。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

物事を決めるときは十分に資料を検討して、いろんな意見を聞いて決めます。私のバックグラウンドが十分でない事柄については、各部門の代表取締役がエキスパートですから、彼らと相談しながら的確な判断ができるのが今の体制のメリットです。

勉強するもの将来性は、あまり考えすぎない方がいいというのが私の意見です。これからはこれが流行るはず、といった損得勘定で選んだことは、心の底からの情熱が持てず、努力も継続しにくいからです。

私はミスをしたらすぐ謝ります。母国アメリカでは、謝ると訴訟で責任を問われるから危ないぞと言われます。しかしそのアメリカでも、医療現場でミスがあったとき、医者が早めに謝っていれば訴訟を起こされるリスク自体が大幅に減るという研究結果が出ています。世界中のどこでも謝るのは決して悪いことではないと信じています。

企業でも個人でも、競争で勝ち残るために不可欠なのは、唯一無二の存在になること、自分を差別化する戦略です。そのためには、差別化できる分野に、時間とエネルギーを集中させなくてはなりません。その際、資源は有限ですから、「これはやる。これはやらない」という「捨てる意思決定」が必要になります。

机の前でCMのシナリオを考えることはありません。自宅のソファや車の中など、場所はまちまちです。手は動かさず、頭の中で考え続ける。できたと思う瞬間まで、左右の脳を何度も行ったり来たりするイメージです。

天下において、何事かを成そうとする者は、膿(うみ)も良く腫れないうちには針で患部を突くことができないのと同じで、時期を判断することが大切です。

よくあるのが、ネガティブに考える人が「前向きに考えよう!」「強くならなきゃ!」と思い込もうとすること。一時的に頑張れても長続きせず、そう思うこと自体に疲弊したり、他人と比較して自分のふがいなさに落胆したりする人もいます。しかし、無理に強くなろうと思い込まなくても、自然な対応力を身につければ、誰でもプラスに捉えられると思うのです。

これからの時代、丈夫で壊れないクルマを作っていれば売れるわけではありませんデザインでも機能でも、提案力が勝敗を決めるのです。自由闊達な風土の上でそれぞれの現場が創造性を発揮しなければ、会社は伸びません。

最近の経営者の中には、即戦力を採用すべきだという考え方もありますが、何かに精通しているということは、大学で学んだだけではできません。大学や大学院でやるべきことは、現実の世界であらゆる事態に順応していけるような基礎の知識を十分に身につけることです。鉄道の世界でも、大学院を出たら何でもできるような技術者にすぐなれるなどということはありません。彼らが十分な基礎を学んでいれば、それを土台にして何年かの実務や体験を通じて、世界一の鉄道技師になることができます。

お客さん第一を前提に、自由奔放にやらせたことが活性化につながった。

ページの先頭へ