孫正義の名言・格言|会社を成長させるために、新入社員でも意見が採用される企業体質を

このエントリーをはてなブックマークに追加

新入社員の発言でも、それが正しいことならば会議を通るという体質にしておかないと、会社は成長していきません。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ある時期、医者やエリート商社マンのような役が多かったんです。そのイメージを崩せない頃は不満がありました。当時の僕は、いわば死んだら明らかに後悔する状態。自分がやりたいことを出来ていないし、誰かに言われたことをこなすだけだったんです。それで、まず自分が好きなことは何か考えました。

自然と一生懸命働くよう仕向けるというのが、私の人材活用術だ。あまり無理強いしたくはないんだ。

私は決して奇抜なことを考え、言っているわけではないが、他人様からは過激なことを言っているように見えるらしい。本人は真面目に考え、正論を吐いているだけなのだ。物事を真正面から考え、解決策を考えているにすぎない。真っ当に生きたいと考えているだけなのである。

重要になるのが「イメージする力」。様々な条件を想定し、それぞれの状況で自分にとってベストなジャンプをイメージできる選手は強い。世界のトップ選手はそうした力を備えている。

マーケティングとは何かと社員に尋ねられた時に、私はいつも「課題に対するソリューション(解決策)だ」と答えている。多くの企業はマーケティングの強化というと、商品の販売促進のことだけを考えてしまう。しかし、それでは全く意味がない。

人間であるということは、とりもなおさず責任を持つことだ。
人間であるということは、自分には関係がないと思われるような不幸な出来事に対して忸怩(じくじ)たることだ。
人間であるということは、自分の僚友が勝ち得た勝利を誇りとすることだ。
人間であるということは、自分の石をそこに据えながら、世界の建設に加担していると感じることだ。

「オレはできるんだ」「いや、もうダメかもしれない」という自信と不安のせめぎ合いというか、それこそアップダウンを繰り返すジェットコースターに乗っているようなもんでした。そこにスリルと楽しみを感じていられるうちはプロなんだと。いかに不安を自信が上回れるのか、毎日が自分との戦いでした。

私は大学院で教えていますが、教育には答えがありません。「これをすればできるようになる」「こうすれば優秀な人材が生まれる」というように、簡単に結果や答えが得られるものではない。でもだからこそ、面白みがある。

当社の「りんご皮むき工法」はクレーンも足場も不要なので安く早く出来ます。思いついた当時、かかる時間やお金は従来の方法の3分の1でした。丸みを帯びた鉄板を溶接して作られているタンクなので、従来は解体する際もそれらを一枚一枚外してクレーンで降ろしていました。ただ、この方法ではクレーンで重い鉄板を吊るため、風の影響を受けやすい。高い足場も必要となるため、作業をする人に危険が伴います。しかし、我々の工法では、重力を巧みに利用することで、切除した鉄が自動的に続けてタンクの中へ降りてくる。風に煽られることもなく安全です。地球と仲良くさせていただくことで、お金のかからない仲間が増えたと考えています。

旅行には必ず目的があります。地球儀の中から、世界の観光都市の中から選ばれるためには、際立ったものがなければなりません。コンテンツを掘り起こし、海外に発信し、受け皿を作るサイクルが重要。

ページの先頭へ