蔵田理の名言・格言|サービスに必要なのはトンボの眼とダンボの耳

お客様に満足してもらうために最も大切なことは、お客様を観察する「トンボの眼」と、お客様の声を聞き取る「ダンボの耳」を養い、サービスマインドを磨くことである。

蔵田理 の経歴

蔵田理、くらた・おさむ。日本のサービスコンサルタント。東京都出身。東京YMCA国際ホテル専門学校を卒業後、ホテルオークラに入社。18年間ベルマンとして玄関ロビー担当し経験を積む。社内インストラクター第一号として教育活動を行い、ホテルマン生活30年で指導したサービスマンは3000人を超す。外務省の依頼でサミットの接遇指導支援なども行った。その後、独立しサービスコンサルタントとして活躍した。主な著書に『接客のプロが教える 上客がつくサービスつかないサービス』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マクロ経済的な環境を事前に予測できたかできないかで、個人の資産形成には天と地ほどの差が付く。

加谷珪一の名言|マクロ経済的な環境を事前に予測できたかできないかで、個人の資産形成には天と地ほどの差が付く


セコムの強みは、全員経営が社風に馴染むということ。社会を良くしたいというセコムの想いは社員に浸透しています。休日でも、道端で倒れている人に出会ったら、近くのAED(自動体外式除細動器)を使って助けるなど、自然と身体が動いてしまう。それは根底に「社会に役立ちたい」、「人々に安心を提供したい」という想いがあるからで、それがセコムの強さです。また、危機の時にはセコムには「一家総出」という言葉があって、社員が一丸となって対応します。その求心力と集中力はすごいものがあります。

中山泰男の名言|「社会に役立ちたい」という想いがセコムの強さ


開発本部から顧客の要望を聞いて、製品のコンセプトを決める部隊を独立させた。ここが先行し、技術開発はそれに応じていくようにすることで、市場に合わせる体制を作ったわけだ。

澤村諭の名言|技術開発の前に製品コンセプトを決める体制を


お客様にいかに楽しんでいただくかが大事。まわりの人を慮る、どのような場面でも相手を思い気遣うことが最高のマナー。

永井浩二の名言|お客様にいかに楽しんでいただくかが大事


仕事であれこれ考えるときは、視野が狭くならないように配慮しています。私はよく「世界地図の中で考えよう」と言っています。いまやリテール(小口)業務といっても、外貨預金もあれば、外国債を組み込んだ投信もあり、世界各地のマーケットの動きと無縁ではいられません。

奥正之の名言・格言|考えるときに視野が狭くならないよう気を付ける


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ