原田保の名言・格言|上司を出世させろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

社内で足を引っ張られないためには、部長メーカー、役員メーカーになることです。日本人は下剋上を嫌いますから、上司を押しのけて出世するのではなく、上司をその上の役職まで押し出してしまえばいい。「あいつが下についた奴は必ず偉くなれる」という評判を立てることです。


原田保 の経歴

原田保、はらだ・たもつ。多摩大学大学院客員教授。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室長、情報システム部長、商品管理部長、関東地区担当、国際業務担当、業革推進担当などを歴任。その後、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授、岡山商科大学および大学院商学研究科客員教授などを経て多摩大学客員教授。マーケティング戦略について教えている。主な著書に『eマーケティングの戦略原理』『調達・物流統合戦略―グローバル時代の経営改革』『スロースタイル』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たち人間はできないことがあって当然です。ですから「これ以上はもう無理」という心のSOSを感じたら、いったん仕事を切り上げたり、周囲の人に相談したりして構わないのです。こうして自分の限界を自覚し、「無理に頑張らなくてもいいのだ」と気づくことが、ストレスでつぶれないためには非常に重要。

失敗の理由はいくらでも挙げられるが、成功したときの理由を明確化することは難しい。そこで現在、大学院でシステムデザインマネジメントを学び、自分なりの成功パターンを論理立てて、可視化することを目指しています。

長期的な利益成長の可能性を丁寧にリサーチしていれば、平均株価の低迷など関係ない。新たに勃興する企業が、マクロとは関係なく成長していくわけですから。

「モノづくり」という言葉はソフトで、温かい使い方だが、モノを作るビジネス環境が整えられていないと、いかに匠の技があっても存続は難しい。

とくに情報の差がビジネスに直結する商社の場合、経営者が常に現場に入り込んでいないと、正確な思考も判断もできません。最新の情報を正しく把握できていなければ、考えようにも考える材料がないからです。

先人に倣って、すてきな先輩の真似をすること、臆病にならないでどんどん近づいて、その人物の精華を学びとることは、自分を鍛え、成長させるために必要だと思う。

お客様と接する機会の多い営業マンは、お客様の声を強く意識してください。お客様の声を小さなことと捉えてしまうかもしれません。でも、お客様にとっては大きなことなのです。そのギャップを埋めることができれば、お客様との良好な関係を維持できます。

ページの先頭へ