原田保の名言・格言|上司の仕事が上手くいくようサポートすると自分の出世できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

(西武百貨店勤務時代)役員会の前夜、当時の上司に一言一句、プレゼンの言葉遣いを伝授したところ、私が言うとおりに話すと必ずプランが通ると思われるようになり、そのうちプランもプレゼンもお前がつくれとなり、私が実質取り仕切ることになりました。おかげで上司も私も出世しました。


原田保 の経歴

原田保、はらだ・たもつ。多摩大学大学院客員教授。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室長、情報システム部長、商品管理部長、関東地区担当、国際業務担当、業革推進担当などを歴任。その後、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授、岡山商科大学および大学院商学研究科客員教授などを経て多摩大学客員教授。マーケティング戦略について教えている。主な著書に『eマーケティングの戦略原理』『調達・物流統合戦略―グローバル時代の経営改革』『スロースタイル』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕がメディアに登場することに対する風当たりを感じることはあります。でも自分がやっていることに自信があるのであれば、それを正しく伝えていくことも、吉兆という看板を次の世代に受け継いでいくための責任だと思っているんです。

執念がないと打開力が不足します。すぐ諦めてしまう。

経営者の大きな仕事は、長期にわたり儲かる仕組みを構築することである。

うちは石川県小松市が発祥の地なので、小松市を元気にするための取り組みも行っています。

仕事を先送りしてしまう根本的な原因は、それが「やらされている仕事」だからではないでしょうか。自分が企画・提案した仕事なら、誰にいわれなくても喜んでやるはずです。ですから、日ごろから主体的に仕事に関わり、「これは自分の仕事なのだ」と当事者意識をもつことが、実行力を高めるもっとも効果的な方法といえるでしょう。

問題とは、あるべき姿と現状とのズレのことです。このズレを埋め、現状をあるべき姿に一致させることが問題解決。

予想外のことでパニックに陥ったとき、思考を整理するために一度立ち止まる。直感でこれだと思っても、罠がないか確認することが重要。

ページの先頭へ