知識賢治の名言・格言|考課後の面接の場では厳しいことも言う

このエントリーをはてなブックマークに追加

カネボウ化粧品の子会社「リサージ」の社長を務めていたころ、半期に一度、教育担当の女性約10人との間で考課後面接を行っていた。面接の場では、厳しいことも言わなければならない。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プレゼンでの言葉遣いは、相手によって変えています。たとえば、「アティチュード」「レスポンシビリティ」などという横文字が好きな人もいますし、逆に、嫌いな人もいます。そのときどきの反応によって、使う言葉を変えていますね。

幸福を得る唯一の方法は、幸福を人生の目的とせず、幸福以外の何か目的物を人生の目的とすることである。

腕立て伏せは毎日やっています。だって、社長を引退したらやりたいことがたくさんありますから。それをやるためには、健康を維持しておかなくてはなりません。

自分の仕事を伝えること、相手の興味をひくこと。この二つが自己紹介の目的。

実際には、幸福や不幸の原因というものはなんでもないのだ。いっさいは我々の肉体とその作用とにかかっている。そしてどんな頑丈な体格だって毎日、緊張から沈滞へ、沈滞から緊張へと、しかもたいがいは食事や、歩行や、注意の努力、読書、天気の具合などにつれて、移っていくものである。君の気分は、それによって上下すること、まるで波の上の舟と同じことだ。そういうものはたいていは取るに足りないものである。何かしているあいだは、少しも気にならない。ところが、それを考える暇ができ、丹念に考えだすと、たちまち小さな理由が大挙して押しよせてくる。

私の書くものは、読者にちょっと考えてもらうところがある。読者の質はいいけれども、読者の数が少ないのはしょうがない。私の作品って、実務では役に立たないから。ただ、世の中に対する見方が広くなってもらえればいいと思っています。視野が広がると、別のところに視点を置けるようになります。でも、ビジネスに役立つ本を求めるのなら、ドラッカーを読んだ方がいい(笑)。

日本人はプレゼンの目的を正しく理解していない。真の目的は、相手に変化を起こすこと。我々ベンチャーは、相手に変化を起こさないと何も進まない。

ページの先頭へ