知識賢治の名言・格言|部下にアドバイスしたら、部下の意見を聞く

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下に評価なりアドバイスを伝えることだけで終わりとせずに、部下の意見を聞くことも忘れてはなりません。問題点を指摘し、改善へのアドバイスを伝えたあとで、「私はこんな風に思うから、いま、こう言ったんだけれど、君はどう思う?」と付け加える。すると、人によっては「言われたことはわかります。ただ、私には実はこういう理由があったんです」と自分の事情を話し出す。よく聞いてみると言い訳に過ぎないこともある。しかし、そこはあえて目をつぶり、一か所二か所逃げ道を用意してやるのです。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

保険を扱う人間がまず考えなければならないこと、それはいかにたくさんの売上をあげるかではなく、自分の勧める商品がお客様にとってどれだけ役に立つかということです。

日々使命感を持って仕事をしている人は、失敗からも成功からも、自分の成長に役立つ数多くの教訓を学び取ることができる。日常のあらゆることから、自分が仕事を通じて学び取るべきことが、自然に頭の中に入ってくるのだ。

私が心掛けてきたことは結論を先送りにしないこと。一社員であれば、少し立ち止まることも許されますが、経営トップは必ず結論を出さねばなりません。なぜなら、企業は止まってはならないからです。

企業風土・企業文化をつくり上げるのが、社長の仕事にほかなりません。企業文化ができるということは、磁場ができるということなのです。強力な磁場ができれば、会社は強くなります。

電話や来訪の約束が入らない早朝を活用することで、社員とのコミュニケーションの機会をつくることができます。自分が描いているビジネス方針など、朝の時間を使って直接社員に伝達できれば、経営の力強い推進力が得られます。

私が自分の「好き」を大切にしているのは、母から受けた影響が大きかったと思います。母は洋装店を営んで多忙の身ではありましたが、好奇心の塊のような人で、何にでも興味を持ちました。そんな母の姿を見ていたから、私も自然に何にでも興味を持つようになったのだと思います。

サラリーマンには2つのタイプがある。はっきりモノを言うズケズケマンと、上司の言うことは何でもよく聞くイエスマンだ。イエスマンは我が身大事の勤め人で、決して稼ぎ人、核になる人ではない。リーダーシップを発揮して、仕事を積極的にする人はどうしてもズケズケマンになる。会社の核になる人材は、やはりズケズケマンだ。

ページの先頭へ