加護野忠男の名言・格言|選択と集中の戦略の危険な部分

選択と集中は効果的な戦略であるが、それが持つ限界にも注目する必要がある。何よりもまず注意しなければならないのは、選択と集中が成り立つ条件である。言うまでもないことだが、選択と集中が良い結果をもたらすのは、どの分野に集中すればよいかわからないときは、選択と集中はリスクが大きい。誤ったところに集中する危険があるからである。

加護野忠男 の経歴

加護野忠男、かごの・ただお。日本の経営学者、経営学博士。大阪出身。神戸大学教授。神戸大学経営学部卒、同大学大学院経営学研究科で博士号取得。神戸大学経営学部助手・講師・助教授を経て教授。同大学大学院経営学研究科長、同大学院経営学研究科教授。主な著書に『経営組織の環境適応』『組織認識論―企業における創造と革新の研究』『「競争優位」のシステム―事業戦略の静かな革命』など。専攻は経営戦略論、経営組織論。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

名言レコメンド
このボタンクリックすると、おすすめ名言が表示されます。

ページの先頭へ