マイケル・ポーターの名言・格言|ターゲットは広くするより狭くする

このエントリーをはてなブックマークに追加

ターゲットを広くした同業者よりも、狭いターゲットに絞るほうが、より効果的で、より効率の良い戦いができる。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どうしてもやりたかった仕事をすると、自ずとパフォーマンスも向上します。寝る間も惜しんでプロジェクトに取り組んだ結果、社内で昇進することもできました。もし自分でアクションを起こさなかったら、会社での立場も失っていたでしょう。
【覚書き|マッキンゼー時代に農業プロジェクトを手がけた当時を振り返っての発言】

エンスト状態に陥ったときにアクセルを踏み込んでも、エンジンが空回りしてやる気がますます失われていくだけです。早く家に帰って気分をリセットし、毎朝、小鳥のさえずりを聞きながら起きて出社したほうが仕事ははかどるはずです。

僕は、バンドマンが観客を呼ぶために工夫するのと同じようなことをやってきました。ミュージシャンが最初にギターを習うとき、ギターでどう稼ぐかではなく、「どういう音楽をつくりたい」「どういう演奏をしたい」といったことを真っ先に考えると思います。利益や売上、顧客の価値について考えるのはずっとあとになってからだと思うんです。たぶん僕も、「まず音楽がつくりたかった」というミュージシャンと同じような感覚で経営してきたと思います。

思わぬミス、業績の低下、チ-ム内の不協和音……。思わず気持ちが落ち込んでしまうようなシビアな出来事が、ビジネスシーンではしばしば起こります。それでもすばやく気持ちを切り替えて業務に戻れるならよいのですが、ダメージが強いとなかなか立ち直れず、暗い気分を引きずることになります。ときには、その気分がどんどん増幅することもあります。「いつまでも立ち直れない自分は弱い人間だ」などと自分を責め、そのせいでますます落ち込む「負のスパイラル」に入り込んでしまうのです。このスパイラルから抜け出すには、まず、「落ち込む自分」を否定しないことです。

私は心の中で、ブルー、イエロー、レッドの三色のカードを持っています。日本中、世界中、どこの街にいても、景観やデザインを見ながら、「これはOK! ブルー」「これはダメ! レッド」とやるわけです。

数字を見るときに大事なのは、知識より想像力です。

経営で重視してきたのは人材の育成と活性化。人が成長すれば会社もやがて成長し、利益もついてくる。

ページの先頭へ