ピーター・ドラッカーの名言・格言|経営者が身につけなければいけない資質

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者が学びえないが、どうしても身につけていかなければならない資質がひとつある。それは品性だ。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

必ず握手をすること。日本ではあまり握手を求める人がいないので、自分を強く印象づけたいときにおすすめです。

実態を直視すれば、改革をしなくては会社が立ち行かなくなってしまうことは明らかです。今後の方向性を社員全員が共有し、問題発覚前の姿に戻るのではなく、新しいオリンパスにならなくてはいけないと考えています。

成果が出ないときこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、成長の分岐点であると考えています。

話を続けるコツは、「自分のことなんて考えない」ということかもしれません。上手くしゃべろうとか、恥ずかしいとか、そういう気持ちは脇に置いて、ただ相手のことだけを一身に見るのがいいんじゃないかと思います。そうすれば、相手が何を言って欲しいのか、自分が何を言ったらいいのかが自然と見えてきます。あとは少しの勇気を出して、それを言葉にしていったら、必ず相手から言い反応が返ってくる。その繰り返しをしていけば、お互いに心地よい会話も自然に続けることができるのではないでしょうか。

僕がいくらダチョウを好きでも、それだけじゃ何も生まれない。社会のニーズだけ拾って動くのもやはりモチベーションとして弱い。「ダチョウを飼いたい、研究したい。そのためにはどうすれば。社会的な意義は」。そんないわば「こじつけ力」があったから、結果として、意義ある研究、商品ができた。

大事にしているのは「他社と違うことをやろう」ということです。積極的にニッチな分野をこじ開けていこうということ。そのため、採用にあたっても、他人と違うことをやる、他人に負けないものを持っている人材を求めています。

理念浸透というと、何か特別な施策があるように思いがちですが、日々の仕事のなかにその秘訣が横たわっていることを、肝に銘じる必要がある。

ページの先頭へ