ピーター・ドラッカーの名言・格言|経営者が身につけなければいけない資質

経営者が学びえないが、どうしても身につけていかなければならない資質がひとつある。それは品性だ。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

なぜダイエットができない人が多いかというと、意志が弱いのではなく、単に「続ける仕組み」を作ってないからです。私は13年間、1日も欠かさずメルマガを出し続けています。その経験から言うと、継続できるかどうかは、「挫折要因をいかに潰せるか」で決まると思っています。

土井英司の名言|継続できるかどうかは、「挫折要因をいかに潰せるか」で決まる


幼少時代、友人や家族に何をプレゼントするか、どんなラッピングだったら喜んでもらえるか、などを考えることが好きでした。いま思えば、子供ながらにおもてなしを楽しんでいたんでしょうね。人を喜ばせるという意味では、デザインはプレゼントと同じです。昔から人が喜んでくれることをやりたかったんです。

廣田尚子の名言|昔から人が喜んでくれることをやりたかった


後輩や部下にしても、たとえば誰にでもできる仕事を振られるよりも、自分にしかできない仕事で頼りにされるほうが、やる気になるもの。ですから、ただ手が空いている人に頼むというのはやめ、あくまでその仕事が得意そうな人に、「あなただからこそ」という姿勢でお願いすることが大切です。そうすれば、頼まれたほうも悪い気はしないですし、大いにサポートしてくれると思いますよ。

ターレス今井の名言|仕事を振るときは、得意な人に


何のために働いているのかというゴールが見えなければ、人は走り続けることはできない。

澤田秀雄の名言|何のために働いているのかというゴールが見えなければ、人は走り続けることはできない


枠組み自体を自ら起こすような新しさがなければ、大きなイノベーションにはなりません。

鎌田富久の名言|枠組み自体を自ら起こすような新しさがなければ、大きなイノベーションにはなりません。


会社員時代、すごく格好いい上司に憧れ、読んでいる本を貸してもらったり仕事で外国人と会話する際の発音を聞いたりしていた時期がありました。トイレも一緒に行って、仕草をまねたり(笑)。お手本の人になりきろうとするうち、自然に人をひきつける話し方、立ち居振る舞いが身につきました。

河瀬和幸の名言|お手本の人になりきろうとするうち、自然に人をひきつける話し方、立ち居振る舞いが身につく


人には、いろいろなチャンスがめぐってくるものだが、大切なのはそれに気づいて活かす感受性。

村田昭治の名言|大切なのはチャンスに気づいて活かす感受性


アイデアを書きとめる際、あるいは自分のアイデアを他社に伝える際には、なるべく絵や図表で表現したほうがいいと私は考えています。視覚は言語に比べるとはるかに生理的なものだから、嘘や曖昧さの紛れ込む余地が少ない。逆にいえば、言葉で表現すると論点が曖昧になりがちなのです。とりわけ冗長な言葉は、論点を不明瞭にしてしまいます。

和田洋一の名言・格言|冗長な言葉は論点を不明瞭にしてしまう


何としても事業を成功させたいという強い「思い」や、格闘技にも似た「闘争心」のない者は、そもそも経営者にはふさわしくありません。逆に、そうした「思い」さえあれば、資金や技術、人材などに恵まれなくても、熱意と執念がその不足を補って、ものごとを成し遂げていくことができるのです。

稲盛和夫の名言|熱意と執念が不足を補う


自ら燃える自燃性の人間になれ。

稲盛和夫の名言|自ら燃える自燃性の人間になれ。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ