大前研一の名言・格言|単に多くの情報を集めたからといって役に立つわけではない

イトマキエイのように情報をガバガバと呑みこんだところで、一昨日の夕食に何を食べたか思い出せないように、情報は体外にそのままストンと流れ出てしまって終わりとなる。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

開発に際して行ったヒアリングは200回。こうして「人が欲しがるものを作る」というプロダクト開発の基本に気づくことができました。

宮田昇始の名言|「人が欲しがるものを作る」というプロダクト開発の基本に気づくことができた


人の手間が見えるアナログな礼状は、デジタルが主流の今だからこそ、人の心をつかむように思います。字が下手でも自筆で書かれた方がいい。さらに言えば、筆ペンで書くことをお勧めします。私自身、多くの封書やおはがきを頂く中で、最も目につくのが筆ペンで書かれた文字ですから。

枡野俊明の名言|デジタルが主流の今だからこそ、手書きの礼状は人の心をつかむ


人は面倒くさがりで、楽な道を選択したがるという心理が働く。そこで、知識を得ない代わりに、多くの人は他人を「信用」してしまう。儲け話で損をした人に、なぜ投資してしまったのか尋ねると、ほとんどの場合、こんな答えが返ってきます。「信頼できる人の勧めだった」「窓口の人が熱心だった」と。しかし、どんなに相手が信頼できる人でも、投資商品が安全かどうかは別の話。

メンタリストDaiGoの名言|どんなに相手が信頼できる人でも、投資商品が安全かどうかは別の話


仕事は慈善活動ではありません。利潤追求は企業活動に不可欠ですが、自分の「利」だけを考えるのはいけない。利を追ってかえって利を失い、好調だったビジネスを暗転させてしまう経営者はとても多い。

小宮一慶の名言|利を追ってかえって利を失う


僕らは「このツールなら失敗しない」「失敗後の予想がつく」ことを選んでやっています。これが失敗すると倒産するという内容じゃないから、あまり怖くない。もし失敗してもプロセスが面白かったならそれはプラスですし、次は失敗しない勉強にもなる。

糸井重里の名言|失敗に対する恐怖心をなくすには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ