大前研一の名言・格言|単に多くの情報を集めたからといって役に立つわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

イトマキエイのように情報をガバガバと呑みこんだところで、一昨日の夕食に何を食べたか思い出せないように、情報は体外にそのままストンと流れ出てしまって終わりとなる。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は社員には、「仕事を愛しなさい」とよく話しています。仕事を愛したら、必ず向上心が芽生えてきます。すると、創造性がわいてくる。

自分で提案した企画を会社に採用させ、多くの人を動かし実行する。そして、世の中に受け入れられるかどうかを知る。そうしたサイクルを回すことで、人は大きく伸びるものです。

IoT分野では先頭バッターだという自負はあります。ただ今後は、競合もどんどん追いかけてくる。先端技術を次々と導入し、レベルを上げ続けることが大事。

メールや企画書は短い方がいいでしょう。長くなる人は、要点を理解できていないのかもしれません。伝えたいことをコンパクトにまとめるには、その前に頭を整理するトレーニングをしましょう。僕たちクリエイターがよくやるのは「デコンストラクション」という手法です。他人のつくったCMキャンペーンを見て、「これは何のためにつくられているのか」を想像するのです。このトレーニングを繰り返せば、ものごとの本質をとらえ、それを簡潔に表現できるようになって生きます。

人生80年とすると、日数にすると3万日しかない。27歳が1万日、54歳が2万日、80歳で3万日となる。人生を計画に生きないと駄目ですよ。

「大和ハウスに転職する」と言ったらほとんどの友人が反対した。当時の大和ハウスは不夜城と言われるほどのモーレツ企業でした。オーナー経営者を目指していた私は、自分を鍛えてくれる格好の修業の場になると思い、大和ハウスへの入社を決意したのです。

仕事の戦略の部分は一段高い立場になって考えるべきです。係長なら部長の立場に立って考えてみる。逆に先述の部分は一段下の立場になって行動する。この使い分けを自在にできるようになると、仕事の成果はいっそう挙がり、人脈も広がり深まることでしょう。

ページの先頭へ