大前研一の名言・格言|単に多くの情報を集めたからといって役に立つわけではない

イトマキエイのように情報をガバガバと呑みこんだところで、一昨日の夕食に何を食べたか思い出せないように、情報は体外にそのままストンと流れ出てしまって終わりとなる。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分も幸せじゃないと、人を幸せにすることなんてできない。

「TO DO/NOT TO DO」ノートをつけてみてください。ノートを開いて、右ページはあなたがやること、左ページは他人に任せることとし、あなたの仕事の「事業仕分け」をやるのです。一度線引きをしたら、ノートの左ページの仕事は絶対自分でやらないことを肝に銘じましよう。

現在でも中国に対して、共産主義だから嫌だ、見るのも聞くのも嫌だという人がいますが、私はその考え方、行き方に同意できない。共産主義の国が悪いと思うならば、それだけにかえってますます研究して相手の状況を十分に知ることが大切だと思うのです。お互いに両立できるところを探し出して両立するように、両立できないところはお互いが適当に避けるように工夫していくべきでしょう。嫌がってばかりいたのでは仕方がない。

なぜ、世の中の変化についていけないのか。例えて言えば、人間は自分の体臭が自分ではわかりません。同じことは仕事のやり方についても言えます。自分の体臭の中に浸って仕事をしていると、変化に対応できていない現実になかなか気づかない。それは創業以来、市場の変化に対応しようとしてきたセブンイレブンについても同じで、私は非常に危機感を抱いています。

人間、年齢を重ねるだけで丸くなることはほぼ不可能。年をくえばくうほど、自分の扱いを気にするし、「俺はこんだけやってきた。生きた分だけ尊敬しろ、若いおまえら何様だ」と思う分、怒りっぽくなるのは当たり前の話。

私の場合、緊急の場合を除き、朝の9~10時、昼の1~2時、夕方の5~6時の1日3回しか報連相を受けないと決めています。私からの指示や連絡もこの時間内で行ないます。それ以外の時間は、私も部下も自分の仕事に集中することで、仕事の効率を上げるようにしています。

小さな変化では、大ヒットには繋がらない。これまでにない新しい視点を得るには、自分が現在所属する業界を見るのではなく、他の業界を学び、その視点を積極的に取り入れなければなりません。

いばキラTVの強さの大きな秘訣は「自由度の高さ」なんです。よその自治体さんでも、ここまで自由にできれば面白くなるでしょうね。

学会や講演や会議などで発表をしたり、発表をせずとも、積極的に外部の懇親会に参加をする。これが大事なんです。学会の後で開かれる懇親会(飲み会)はサイエンスの議論をする場所ではないけれど、顔を合わせれば、自然に研究の近況について話しあいますよね。「あの分野の研究なら、○○さんを紹介しましょうか」「その実験は、こういう方法でやるのはどうだろうか」。そういったコミュニケーションの中に、思いがけないヒントが隠されているのです。後日、メールなどで「あの時に話していたあの研究は……」と示唆をいただくこともあり、またその逆にこちらが相手にとっての参考になることもあり、そうした相互援助で研究が向上していくんです。

会議は30分というルールにしています。そこで結論を出さないとまた集まらなければいけませんので、いやが応でも集中した議論になります。

ページの先頭へ