大前研一の名言・格言|情報を得るための一番の原動力は興味関心

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報を得るための一番の原動力は、興味・関心を持つことである。咸臨丸の時代や戦後の高度成長期の日本人は海外の情報に旺盛な興味があったし、それを日本に持ち帰って日本初の何かを生み出さなければならないという使命感のようなものがあった。それがいまやまったくない。興味も関心も使命感もなくなってしまった。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

無駄な報告をダラダラ行うような会議はもちろんやめた方がいいでしょう。しかし、会議は組織を効率よく動かすための交通整理として欠くことのできないものです。会議で決めるべきことをきちんと決めた方が、仕事の効率は確実に上がります。会議で決めるべきことは、「何を」「誰が」「いつまでにやるのか」です。これが抜けている会議はダメな会議です。

その銘柄は日本代表でなくても、大株主に日本代表銘柄が占めている場合は狙える。例えば新日鉄住金と住友商事が大株主の日本コークス工業や、南海電気鉄道が大株主の南海辰村建設は実際に取引した。こうした会社は経営危機になっても大株主が吸収合併するなどして倒産させないはず。仮に業績が不振になって株価が下落しても、倒産リスクが低ければどこかで下げ止まる。つまりこれ以上は株価が下がりにくい状況になる。そこで買えば、どこかで上昇に向かう。

開発者が開発だけ、企画を担当する人が企画だけ、販売担当者が販売だけを考えるというスタイルでは、お客様のニーズに応えることはできません。また社員も喜びを感じる機会が少ない。

素晴らしい企画は、その人の経験から生み出されるもの。つまり、提案者自らが経験し、感じたものから生まれた企画こそ、検討の価値がある。

中学生くらいになると、社会の在り方にも疑問を持つようになりました。たとえば警察官は駐車違反の切符を切っています。路上駐車がよくないことは確かですが、それは人が生きるうえでの高度なルール。本当はそれらを守る前に、人を殴るなとか、人を殺すなというような最低限のルールを守らないといけない。そのベーシックなところを達成しないかぎり、人間の生き方も何も語れないのではないか。ベーシックなところを変えるにはどうすればいいのかと考えて、政治や教育にも関心が広がっていきました。

切羽詰まった局面にぶつかるから、アイデアが浮かぶし成長する。

知価ブランドの商品値段は高額です。「そんなものにお金は出せない」という人も出てくるでしょう。その一方で、知価ブランドが提供するイメージに共鳴した人は、高い意思決定コストを乗り越えるだけの強い思い入れがあるぶんだけ、そのブランドを手にすることで「他の人とは違う」「いつもとは違う」という、非日常的な経験を味わえるのです。

ページの先頭へ