大前研一の名言・格言|情報を得るための一番の原動力は興味関心

情報を得るための一番の原動力は、興味・関心を持つことである。咸臨丸の時代や戦後の高度成長期の日本人は海外の情報に旺盛な興味があったし、それを日本に持ち帰って日本初の何かを生み出さなければならないという使命感のようなものがあった。それがいまやまったくない。興味も関心も使命感もなくなってしまった。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネス英語では流暢に話す必要はなく、限られた表現を覚えればいいのです。

悪い情報ほどきちんと聞く姿勢を見せるようにしています。悪いニュースを解決することこそが、権限と表裏一体の責任、トップにとって最も大切な仕事なのですから。

古今の知識に優れ、昭和の歴代総理の指南役、また財界の師と仰がれた安岡正篤氏は、考え方の基本を、「大局的に物事をとらえ、多面的な視野を持ち、中長期的に考える」ことだと述べています。この考え方をすれば、物事の変化する部分と変化しない部分、本質を見極められます。

厄介なのが成功体験です。世の中は変わったのに「以前はこれで成功した」とか「なんで変えるのか」と言い出した途端、成長は止まります。

現在のリーダーに求められているのが、遠心力型マネジメントです。これは「個々の社員が自分で計画を考え、自らの判断で動く」というマネジメントスタイルです。リーダーは指示を出すのではなく、仕事の全体像を見て個々の担当者には見えない部分をフォローし、関係する人や情報をつなぐ役割に徹する。これがいまの時代には必要なリーダーシップです。

少なくとも、メディアで少々叩かれたくらいで引っ込むようでは、先の道筋はつけられません。

戦略を変えても、社員たちの「マインド(心)」や「行動」に落とし込まれ実行に至らなければ、改革は進みません。高額のコンサルタントを雇って高等な理屈の改革案を作っても、社員たちの心と行動を突き動かすに至らないケースは、嫌になるほど多いのです。会社がそんな改革案作りに使ったお金は、ドブに捨てたのも同然です。

追い風がやんだら前に進まず逆風で沈む恐れのある帆船より、規模は小さくても、強力なエンジンを積み、逆風でも前に突き進むクルーザーの方に、私は投資する。

文章を手元に残して熟成を図ると、書いた当時の延長線上でしか思考は深まりません。しかし、いったん忘れてしまえば、「自分はこんなことを考えていたのか」と客観的に見つめ直すことができます。僕もよく自分の過去の文章を引っ張り出して再利用しますが、文章を一度手放して、ひとつの素材としてとらえ直しているからこそ再利用も容易になるのです。

いまはメールの時代だけに、じかに人と話すことは「生きた言葉」を身につける絶好の機会です。話すことから生まれる気づきや知恵、喜びや活力、そういうことがコミュニケーションのもたらす楽しみであり価値なのです。

ページの先頭へ