大前研一の名言・格言|情報を得るための一番の原動力は興味関心

情報を得るための一番の原動力は、興味・関心を持つことである。咸臨丸の時代や戦後の高度成長期の日本人は海外の情報に旺盛な興味があったし、それを日本に持ち帰って日本初の何かを生み出さなければならないという使命感のようなものがあった。それがいまやまったくない。興味も関心も使命感もなくなってしまった。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

美味しいものを食べて、カラオケに。楽しく歌って発散してからよく寝る。起きたら、わりと大丈夫です(笑)。
【覚え書き|ストレス解消法について】

多部未華子の名言|ストレス解消法


なぜアイコンタクトが大切なのか。それは相手を見ないと深いコミュニケーションができないからです。そのためには、相手と呼吸を合わせなければなりません。自分の呼吸に合わせてうなずいてくれるから、もっと話したいと思うのです。あなたもそっぽを向いている人に話しかけるのは嫌でしょう?お客様のことを本当に考えているのであれば、笑顔でしっかり目を見て、呼吸を合わせてうなずくことです。

門川義彦の名言|アイコンタクトの重要性


同じ苦労を経験すると、一体感が生まれる。簡単に「絆が大事だ」というけれど、絆は楽しいことばかりをしていても生まれない。

中畑清の名言|絆は楽しいことばかりをしていても生まれない


僕らの仕事は台詞を覚えることがゴールではありませんが、まず覚えないことには仕事が始まらない。だから、覚えたところがスタート地点なんです。

仲村トオルの名言|台詞を覚えたところがスタート地点


無印良品が世に出てから約30年、時代が変わっても、ブランドの核になるコンセプトは変わりません。しかし、その解釈の仕方は進化しています。同じコンセプトについて、表現の仕方や解釈を変えて、お客さんの1歩か2歩先を行き、変革を繰り返していかなければなりません。老舗が変革を繰り返して残ってきた事実を見れば、それは自明のことです。

松井忠三の名言|ブランドのコンセプトの核を変えずに解釈を進化させていく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ