大前研一の名言・格言|新聞、テレビは情報収集の役に立たない

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はもう10年ほど前から新聞をとっていない。新聞は一面トップ記事の決め方など、紙面での取り扱い方によっていくらでも重要度や印象が操作されるし、世界中を飛び回っているとしばしば「旧聞」になってしまうからだ。またテレビは、NHKのニュースなど人畜無害で何の役にも立たない。見るならBSでやっているアルジャジーラなど世界の放送局のサマリー(要約)だけで十分だ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いずれは社長を譲らなければならないのが現実です。ずるずると先延ばしにするのではなく、明確な承継計画を立てておく必要があります。それにはまず、経営者自身が何歳までに社長を退くべきかを見極めることが重要です。

底辺が広い人こそ豊かな人。自分の素直な興味を大切にし、仮に失敗しても出直せばその分、底辺は広がるはず。

仕事の遅い人は、考えずに悩む傾向があります。考えることと、悩むことは似ているようですが、まったく違います。考えることができる人は、自分の中に明確な判断の基準があり、決断した理由を論理的に人に対して説明することができます。一方、悩むだけの人は判断基準を持っていないために、問題の周辺をぐるぐるとまわり続け、必要に迫られて仕方なく決断したあとも、本当によかったのだろうかと悩み続けます。仕事のスピードを上げるには論理的な思考ができることが大前提です。

上等な店に行くこと、そこで失敗すること。その失敗から学ぶこと。
【覚え書き|「テーブルマナーを身につけるにはどうしたらいいか」と問われて】

日本人がいろいろなスポーツで世界で勝った時というのは、回転レシーブだったりウルトラCだったり、常に新しい発想から入っている。

特に日本人は、傾向として現状維持が好きです。現状で何とかできているものを変えようというのは、よほどのことがないとやらないでしょう。今までのやり方を続けて何が悪いんだ、という人ばかりです。大きなショックがあって、受注がぐんと落ち込んだ時に初めて愕然とするわけです。居心地がいいと思っていたら、知らないうちにゆだってしまい、気がついたら動けなくなっている。

産業を興す以上、どんな小さな自治体でも世界で通用することを頭に入れておかねばならない。地元でしか通用しない、内向きではダメ。

ページの先頭へ