大前研一の名言・格言|新聞、テレビは情報収集の役に立たない

私はもう10年ほど前から新聞をとっていない。新聞は一面トップ記事の決め方など、紙面での取り扱い方によっていくらでも重要度や印象が操作されるし、世界中を飛び回っているとしばしば「旧聞」になってしまうからだ。またテレビは、NHKのニュースなど人畜無害で何の役にも立たない。見るならBSでやっているアルジャジーラなど世界の放送局のサマリー(要約)だけで十分だ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

すべてのコマで、自分が楽しむポイントをつくってやらないと、下手すると「お仕事」の絵になっちゃう。

浦沢直樹の名言|自分が楽しむポイントをつくってやらないと、下手すると「お仕事」の絵になっちゃう


近年、時代の変化は早くなる一方。情報のスピードが早ければより一層、企業には変化対応力が求められる。

大原孝治の名言|情報のスピードが早ければより一層、企業には変化対応力が求められる


毎朝5時に起きて、出勤時間まで作品を書き、長く残業をせず会社を出ることを目標に仕事に励む。そして家に帰って作品の続きを書く。これが僕の今の日常です。執筆を中断しても、プロットさえできていればわりと簡単に続きに没頭できるので、集中力の面では不自由は感じていません。

朝井リョウの名言|執筆を中断しても、プロットさえできていればわりと簡単に続きに没頭できるので、集中力の面では不自由は感じていません


企業が儲からなかったら税金は払わない、月給も払えない、設備投資もできない。何もできません。いいことはひとつもありませんよ。

松本晃の名言|企業が儲からなかったらいいことはひとつもない


数字はただの象徴で、重要なのはその中身です。分布や内訳といった、平均値や前年比を算出する元になる個々の数字を調べて、初めて判断材料になります。ところが若いビジネスパーソンの多くは、表面上の数字に気を取られ、分布や内訳まで考えることができる人は稀です。

小笹芳央の名言|数字はただの象徴で、重要なのはその中身


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ