大前研一の名言・格言|情報を最大限活用できるようになるには

他人の見方を覚えるのではなく、自分の頭に思考の脈絡を持って取り入れることだ。そのとき、そのときに自分の考えを加えて、棚の情報を整理する。そうすることで、ものごとに対する見方がどんどん変わってくるし、広がっていく。情報の感度も絶対に高まる。さらに、情報は使うこと。アウトプットすることでその情報は批判され、咀嚼され、さらに磨かれていく。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生に行き詰まったときは、哲学書を開くといい。自分の根っこを再点検するためのヒントが、たくさん詰まっている。

茂木健一郎の名言|人生に行き詰まったときは、哲学書を開くといい


英米系企業であればともかく、日本企業で過度に論理的な能力を発揮すると、逆に煙たがられる場合もあり得ます。論理的ではないタイプの上司に対して論理的に理路整然と話す部下は、「生意気な奴だ!」と反感を買ってしまう可能性があるわけです。日本企業で出世したいだけなら、論理力を磨くよりも、日本式のビジネス処世術を学んだ方が有利かもしれません。論理力とは、相手や場面に応じて使い方を変えるべきものです。

成毛眞の名言|論理力は相手や場面に応じて使い方を変えるべきもの


僕らの仕事に正解はない。はっきりわからないまま、修行のように、あるものを捨て、新しいものを取り入れて作り変えていかないと滅びる。

松重豊の名言|あるものを捨て、新しいものを取り入れて作り変えていかないと滅びる


「安全はトップダウンで始まり、ボトムアップで完成する」という言葉があります。要するにトップが動かなくては始まらない。ただ、大きな方針を示して、最初の段階をしっかり整えれば、あとは現場で一番経験を持っている人が実行してくれる。

矢部輝夫の名言|トップが動かなくては始まらない


あくまで僕の経験ですが、アイデアの独自性を左右するのは、インプットの「量」だと思います。一部の天才を除けば、ほとんどの人の脳味噌はゼロから何かを思いつくほど優れてはいない。ですから何かを生み出すには、とにかく「入れる」しかないのです。

百田尚樹の名言|アイデアの独自性を左右するのはインプットの「量」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ