大前研一の名言・格言|情報を最大限活用できるようになるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

他人の見方を覚えるのではなく、自分の頭に思考の脈絡を持って取り入れることだ。そのとき、そのときに自分の考えを加えて、棚の情報を整理する。そうすることで、ものごとに対する見方がどんどん変わってくるし、広がっていく。情報の感度も絶対に高まる。さらに、情報は使うこと。アウトプットすることでその情報は批判され、咀嚼され、さらに磨かれていく。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トップに必要な資質は3つある。1つ目は社員を動かすため、自分の考えていることを伝える「訴える力」。2つ目は白か黒か、右か左かを決める「決断力」。3つ目は「絶対逃げない」こと。どんなに優秀でも逃げるやつはあかん。これらの資質は全部経験して、失敗してみないことには身に付きません。

大抵の人は、「できないに決まっている」で終わりますが、私は自分が全力を尽くしてもいないのに「できない」とは考えたくありません。「きっとできる」と思うのです。

経営改革で重視したのは直接対話です。約一年半をかけて全国行脚し、約70の事業所で討議集会を実施しました。さらに、イントラネットでは「社長かわら版」を三週間に一回配信。工場勤務で、パソコンを持たない社員も読めるよう、掲示もしました。

中小企業を研究してきてわかったことは、製品としても生産技術としても抜きんでたところはないが、その製品によって、以前は需要さえなかったところで需要が作られ、そのマーケットでトップを占めるようになるというような、技術の優位性では説明がつかない成功例が結構あることだ。これは、従来の経営学が教える企業の勝ち方のロジックにそぐわない事例だが、いまはそれも「王道の勝ちパターン」の一つとして分析できる。

日々めまぐるしく変化する状況をすべて把握することは、大変難しい。私が日ごろから心がけているのは、ひとつの報道に踊らされず、偏りなく情報を摂取しようということです。そのひとつの方法として、英字新聞などの海外メディアに触れるようにしています。日本の新聞をすべて読んだとしても、内容にそう大差はありません。つまり、日本の新聞ばかりに浸かっていると、同じ視点のものばかりを眺めるだけになってしまいます。

当社は設立45年の歴史があるだけでなく、一度車を仕入れると売却せず長く貸し続けます。だから中古車市場と競合しないため、自動車メーカーからの信頼は厚い。他社よりうちには安く売ってくれるのです。法人契約が多いので、平日もコンスタントに需要があるし、しかも長期契約だから、ある意味リース業にも近い。仕入れ値が安く、高稼働率だから低料金に設定できる。これが次の需要を生む形になっています。

1億円稼げる人たちは、自己投資にかけるお金を決して惜しまない。稼いだお金を自己投資に使わず、すぐにキャバクラで遊んだりする人は、まず生きたお金の使い方を学んだほうがいい。

ページの先頭へ