大前研一の名言・格言|情報を最大限活用できるようになるには

他人の見方を覚えるのではなく、自分の頭に思考の脈絡を持って取り入れることだ。そのとき、そのときに自分の考えを加えて、棚の情報を整理する。そうすることで、ものごとに対する見方がどんどん変わってくるし、広がっていく。情報の感度も絶対に高まる。さらに、情報は使うこと。アウトプットすることでその情報は批判され、咀嚼され、さらに磨かれていく。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社を離れたスポーツ仲間は年齢、肩書に関係なく、お互いフラットな関係になります。その中で「自分をどうアピールするか」「自分がどのような形で貢献できるか」を考えればいい。人材が流動化している現代に必須の「横のコミュニケーション能力」もスポーツを通じて学べるんです。

日本には「デザイナーはきれいな空間で、クリエイティブな作業をする」というイメージがありますが、マザーハウスの場合は現場の素材を触ってから、一緒に工員と作り上げるところにエッセンスがあります。

転職市場が大きいのが不動産業界の特徴ですが、当社新入社員で離職するのはここ5年間で年1人程度。離職率が低いことは営業担当者の質の向上につながりますし、お客さまにとっても安心感があるでしょう。

雑談は、相手に話の主導権を渡した方が盛り上がります。相手本位の会話になるようにこちらがサポートする。それには、相手の話にひたすら質問で返すのがとても効果的です。

社員に結婚式の挨拶を頼まれた時によく話すことなのですが、お子さんに恵まれたのなら、感動を伝えられるような親にならなければ、子供もまた自分の家族に感動を伝えていくことができない。

私は普段から、自分を着飾ることもごまかすこともしない。そんなことをしても、必ずボロが出るからだ。嘘はつけないし、つかない。

発想の引き出しを増やすには、何事も鵜呑みにせずに、自分なりの仮説を立てて、できれば実際にやってみることです。その結果、どうだったのかを検証していくことをお勧めします。

通常私たちは、五蘊を「私である」「私のものである」と認識してしまうため、その衰えに苦しみ、やがて滅びゆくことに怯え、不安を抱くことになる。しかし瞑想を深め、それらを「私ではない」「私のものではない」と看破し「無我」を悟ると、五蘊が衰滅しようがそれが「私の死」とならない。苦しみも不安もまったく生じなくなる。
【覚え書き|五蘊(ごうん)=人間の五つの要素。「色・受・想・行・識(肉体・感受作用・表象作用・意志作用・認識作用)」】

私は、自分の考えを主張しない人間より、しっかりと主張する人間の方が成長すると思っています。だから、現場で部下に指示する立場になったときは、大きな方針だけ出して、小さな方針については下から上がってくる案をやらせる形をとるなど、主張させる場を必ず設けました。

当社は、製品を使用する側からの情報をもとに開発するものが多いため、使用目的に合致したものを作り上げる開発体制となっています。

ページの先頭へ