大前研一の名言・格言|情報の達人になるには情報の棚をつくる

情報の達人を目指すなら、最初の一歩はひとつの整理棚をつくることである。私が学生に対し指導しているのは、毎日土曜日に3時間ほど時間をつくり、自分が関心のあることについてGoogleでネットサーフィンすること。3時間サーフィンしただけでは時間の無駄だが、その結果を、つまり「要はどういうことなんだ」と「それなら私はこう考える」をレポートにまとめる。面白い写真やデータを見つけたら、それもレポートに添付する。こうして作ったレポートが最初の棚になる。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

持って生まれた性格なのか、解決できたことはみんな忘れてしまうんです。過去のトラブルはすべて解決できたからこそ、いまこうしていられるわけですから。それでいいじゃないかと。

張本邦雄の名言|解決できたトラブルはさっさと忘れる


「一人一人が主役になって復活した日本を代表するモデル企業」になるというビジョンに向けて愚直に日々を進んでいく所存です。

中嶋章義の名言|ビジョンに向けて愚直に進む


どんなに人間社会が発展しても生物である以上、人間は食べなければ生きてはいけません。結局、どれも根っこは同じで、農業が「食」と「職」を供給し、「生きる」ことに大きくかかわっています。このことを原点に、事業に取り組み続けていきたい。

小島希世子の名言|原点を大切にする


人間の脳の使われ方の中で、最も高度なものの一つは、コミュニケーションである。知識やスキルは、人工知能やロボットに置き換えられてしまう時代。関係性や、絆こそが、ビジネスで最も大切な「人的資源」となる。

茂木健一郎の名言|関係性や、絆こそが、ビジネスで最も大切な「人的資源」となる


社長と部長、課長と一般社員では、それぞれ置かれている立場が違います。立場が違えば、見える風景も、物事を判断するときの尺度もまったく異なってきます。だから、上司が自分の立場から指示したところで、部下には伝わりません。

小山昇の名言|上司が自分の立場から指示したところで、部下には伝わらない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ