大前研一の名言・格言|ジャック・ウェルチの質問

私はジャック・ウェルチと20年来の付き合いだが、彼は私に会うといつも「Ken, What’s new?」と聞いてくる。つまり、「前に会ってから、その後お前に起こった新しいことは何か?その差分だけ教えろ」ということである。前と同じことを言おうものなら、きっと「お前は進歩してないな」とたしなめることだろうし、新しいトピックを話すと、それについて矢継ぎ早に質問してくるのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

気に入ったらみんなとシェア

おすすめ名言

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本人は海外では集団になりやすいので、なるべく分散して住むようにしています。日本人村をつくるのではなく、進んで地域との接点を持ち、人も会社も地域社会に溶け込むようにする。これが、キッコーマンが実践してきた「よき企業市民になる」ことなのです。そうすることで、地域から認められ、信頼され、愛されるブランドになる。


近年、学校の同期生や社会の同世代の人達の中で、体調を崩した、認知症の疑いがある等の話を聞くことが多くなった。75歳からが「後期高齢者」という意味が理解できるような気がする。特に感ずるのは個人差がだんだん大きくなることである。


ベンチャーは人材と金がない。どちらも大変ですが、面白いですね。ベンチャーの良い所は、好きなだけ仕事ができるところ。


ページの先頭へ