大前研一の名言・格言|ジャック・ウェルチの質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はジャック・ウェルチと20年来の付き合いだが、彼は私に会うといつも「Ken, What’s new?」と聞いてくる。つまり、「前に会ってから、その後お前に起こった新しいことは何か?その差分だけ教えろ」ということである。前と同じことを言おうものなら、きっと「お前は進歩してないな」とたしなめることだろうし、新しいトピックを話すと、それについて矢継ぎ早に質問してくるのだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中は「時代を動かす大きなうねり」と「日々起こる小さな波」との組み合わせで動くものだと考えています。無数の情報の波の中にひそむ大きなうねりを見抜き、企業戦略を描いてゆく。それこそが経営トップの仕事なのです。

批判精神がなくなると創造的な議論がなくなってしまう。

自分のやり方はストイックにやっていくことだけれど、人それぞれいろんなスタイルがある。そこは受け入れて、認めていかなければチームとして結束することはできない。

まったく別の産業で働いてみたい場合、チャレンジするのは強みです。通常、企業側は、未経験者の正社員採用には躊躇しますが、派遣社員や契約社員なら、異業種からの応募者でも試してみようとするでしょう。職業経験が浅い人ほど、業界・職種にこだわらず、思い切ってチャレンジすべきです。それが、好きな仕事に就くための第一歩なのです。

五組のうち一組ぐらいは、スーツを着こなす粋な男役を提案してもいいかなと考えました。人間ウォッチングのために山手線を何周もして、現代の男性らしさを研究しましたね。

この世に苦しみ悩んでいるのは決して自分だけじゃない。世の中のほとんどが、同じ悩みを持っていると言ってもいい。不満かも知れないが、この社会生活以外にどんな生き方があるか。ならば、まともにこの社会というものを見据え、自分がその中でどういう生き方をすべきか、どういう役割を果たすのか、決めなければならない。

社員に会社の戦略を理解してもらうためには、情報を共有しなければならない。

ページの先頭へ