大前研一の名言・格言|ネット上での情報収集

私はどうやって情報を仕入れているのか。もっぱらサイバースペースから取ってくる。ネット上の記事はすべて均一の大きさで並んでいる。つまり私にとってのトップ記事を自分で決めるのだ。しかも絶対に受け身で情報をとらない。こちらから引っ張ってくる感じだ。「世界経済」「日本経済」「地方自治体の動向」「重要な国の地政学的な変化」など、自分が興味のあるカテゴリー別にRSSを活用して、幅広い情報源から自動的に情報を収集している。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一番大事なのは、上司と部下の人間関係。我が社でも、頭ごなしに強引にやって失敗する社員はいます。しかし、人は心で動くということを見失わないようにしていくことが大切だと思います。

阿部俊則の名言|人は心で動くということを見失わないようにしていくことが大切


本部長のころまでは、スケジュールは手帳に、メモはシステム手帳に、と使い分けていました。しかし、あちこちを飛び回り、いろいろな情報を駆使する立場になると、システム手帳を開いてメモを確認しているようでは、いざというときに間に合わなくなりました。また、人間は一度書くと安心してしまうところがあって、書いたことそのものを忘れていることもありました。そこで常務になったころからは、メモはできるだけ取らないようにしています。

荒川詔四の名言・格言|メモを取らないようにする


ファミレスの仕事は楽しかったんですよ。バイト仲間は年配の人から若い子までいて、チームワークも良くて。でも、最初は同じく学生だった仲間がみんな就職していき、僕はいつも見送る側で。そのうち後から入ってきた年下の子たちも「天達さん、ありがとう。おつかれさまでした」って巣立っていく。こっちは時給800円で、1日8時間働いて、年収は200万円のまま。道も定まらず、焦り始めたのが24歳の頃でした。30前でフリーターの僕が、ここから挽回するには……。そのためには、誰もができるわけではない道を目指すべきかなと思ったんですね。それが気象予報士だった。

天達武史の名言|誰もができるわけではない道を目指すべきかなと思った


大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。

松本淳志の名言|大手に特に欠けていたのは柔軟性とスピード


社内ではよく、「“マーケティング・マイオピア”にはなるな」と言っています。「マイオピア」とは目先のことばかりを考える近視眼的な状況を指します。

高岡浩三の名言|“マーケティング・マイオピア”にはなるな


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ