大前研一の名言・格言|雑誌は知識よりも、ものの考え方を知るために読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌は編集方針が偏っているものばかりを買う。知識よりも、ものの考え方がわかるからだ。幕の内弁当のような雑誌は栄養にならない。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ゲームの売れ行きは、景気動向の影響を受けていません。景気動向よりも、我々のお客様への提案が魅力的だったかどうかが問題。

思想史を研究することは、人間精神の解放にとって必須の準備作業である。

単純にその国のマクロ経済がいいからという理由だけでやるのはやっぱり危険だ。対象の会社のブランド、組織力、販売チャネルなど全部見極めてやらなければならない。

相手が興味のある話をしないとダメ。人の水田にジャガイモを植えるんじゃなくて、いい苗を持っていくことが大切。

年をとるというのは、単純に人としてのキャリアを、僕で言うとミュージシャンとしてのキャリアを積み重ねていくということですから、自分のスキルをきちんと把握して次につなげていくかとか、いまできないことが明日できるようになるとか、そこに説得力を持たせるとか、そういうこととのレースですよね。

相手が話したいことを見つけるためにいろんなドアをノックしてみることが大切です。人は誰でも話したい、自分のことを知ってもらいたいと思っているものです。それなのに、営業マンがお客さんと仲良くなれないのは表面的だからです。損得勘定で話していては表面的な会話になってしまって、いくら雑談をしてもコミュニケーションにはなりません。営業マンがする雑談も、お世辞、上っ面だけの会話、上滑りが一番いけません。

僕は、自分たちで作っている「ほぼ日手帳」は完全にメモ帳として使い、日々食べたものや観た映画とか考えことを記録しています。そうすると、「あのときこうやったな」「一昨年のあれ、今なら実現できるな」とか考えることができる。

ページの先頭へ