大前研一の名言・格言|雑誌は知識よりも、ものの考え方を知るために読む

雑誌は編集方針が偏っているものばかりを買う。知識よりも、ものの考え方がわかるからだ。幕の内弁当のような雑誌は栄養にならない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

漫然とパソコン画面に向かって検索を続けていても、良い仮説につながる情報を集めることは難しい。優れた仮説を生み出せるか否かは、月並みではあるが、どれだけ人と会うかにかかっている。「足で稼ぐ」ことの大切さはいまも昔も変わらない。

江幡哲也の名言・格言|優れた仮説を生み出すには、人と会って足で稼ぐこと


広告宣伝だけを変えようということではありません。いろんな形で、いままでの流れを打ち破っていこう、という考えからでした。しかし、あまりに反響が大きくて……。我々は、あまりに反響が大きくて……。我々は、変わります、一歩先へという意識を内外に強く表明したかったんです。だから、反撃というよりも一歩先へというべきだったのかもしれません。もう「反撃」だなんてことは口にしません(笑)。
【覚書き|「そろそろ反撃してもいいですか?」というテレビコマーシャルが不評だったことについて聞かれたときのコメント】

中村維夫の名言・格言|広告の言葉選びの難しさ


マッキンゼーでは「文書をつくるときに、いきなりパワーポイントやワードに向かうな。まずは手書きしろ」とよく言われます。思考というのは、最初から整理されているわけではないのです。「あんなこともある」「こんなこともある」と、雑多な要素が順不同に思い浮かんでくる。それをあとから整理して構造化するわけです。

桑原祐の名言|文章をつくるときは、まず手書きで書き出すことが重要


オレは学者だけど基本的によどみなく言いきるタイプ。だから「辛口ですね」なんて言われる。でも実際は、政権や体制にこびるのではなく、国際的な情勢を踏まえて発言しているだけだよ。

金子勝の名言|国際的な情勢を踏まえて発言しているだけ


敬語は訓練によって身につけていくしか方法がありません。職場には敬語に詳しい人がいるものです。その人の言葉遣いを真似てみたり、書いたものをチェックしてもらうなど、「人みな、わが師」の気持ちで教えを請うことはとても大切だと思います。

坂東眞理子の名言・格言|敬語は訓練によって身につけていくしかない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ