大前研一の名言・格言|情報を本当に活用するには

情報が本当に自分の血となり肉となるためには、その情報を自分で加工しなければならない。情報というのは、加工しないことには何の価値も生まない。手に入れた一次情報の意味を考え、ときに疑い、ストックした情報と照らし合わせて、栄養のある情報だけを吸収して自分の中に取りこみ、あとは捨てる。というプロセスが必要なのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

瞬間に判断するには明確な目的志向と判断基準が必要であり、私の場合、ラインを止めないことを最大目的に100%の確証はなくとも自分の責任範囲内で「6分正しい」と思ったら決断する。生産現場ではそのくらいの基準で判断して間違いなく回った。その権限を与えられていた。
【覚書き|福島の一眼レフ工場の課長時代を振り返っての発言】

内田恒二の名言・格言|6分正しいと思ったら決断する


日本語でロジカルに説明できない人は、英語もうまく使えないことが多い。

松本大の名言|日本語でロジカルに説明できない人は、英語もうまく使えないことが多い


当たり前のことを当たり前のできて、なおかつお客様が望む最大のものを提供するために絶えず努力していくことが、付加価値につながります。「何を売っているか」だけでなく、「誰が売っているか」によって結果が違います。商品の価値を上げたり下げたりするのは、結局は「人」なのです。

朝倉千恵子の名言|何を売るかだけでなく、誰が売るかで結果が変わる


今ならSNSを強力な武器にできます。テーマを明確にしてコツコツ投稿し、少しずつファンを増やしていく。多少時間はかかりますが、自分の好きなことなので負担が少ないですし、軌道に乗ったときに本業にしやすい。しかも工夫次第で収入は青天井です。

戸田充広の名言|テーマを明確にしてコツコツ投稿し、少しずつファンを増やしていく


「明確な目標」を与えられて、「公正な評価」をしてもらえる状態。この2つがあれば、人間、誰でも一生懸命に働きます。だから、アイリスオーヤマは常に目標を明確にし、社員を公正に評価するために相当な努力を払っているのです。

大山健太郎の名言|従業員が一生懸命になる2つの状態


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ