大前研一の名言・格言|情報を本当に活用するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報が本当に自分の血となり肉となるためには、その情報を自分で加工しなければならない。情報というのは、加工しないことには何の価値も生まない。手に入れた一次情報の意味を考え、ときに疑い、ストックした情報と照らし合わせて、栄養のある情報だけを吸収して自分の中に取りこみ、あとは捨てる。というプロセスが必要なのだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本語を学ぶ外国人がみな苦労するのが「漢字の壁」。どれも一緒に見えてしまいます。しかも数が多い。多くの外国人が挫折していきますが、日本人が皆使えるのなら、僕にだってできるはず。むしろ慣れれば楽しい。壁なんて本当は存在しないのだ、と思っていました。

私たちはいつか、いまより少しはものごとを知っているようになるかもしれない。しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう。

以前は名刺も3000枚ほどあったのですが、ほとんど処分しました。メールを一度やり取りすれば、その人の連絡先は残りますから、ほとんどの場合問題ないのです。ノマドワークスタイルを続けるには、不要なモノを増やさないことも大事なことだと思います。

「自分はいろいろできる」とか、「自分は偉い」とか、「すべて理解できている」などと一切考えずに、いつも同じ目線でお客様や社内の仲間、あるいはいろいろな競合相手と接することで、ずいぶんと新しい着想を頂いていると思います。

予算未達すればそれが死です。負けた時には責任をどこにも持っていけない。今は「景気が悪い、政治体制が悪い」と他責に逃げる。そんな事を言った所で、自分が潰れてしまえば何にもならないはずです。

いまの情報化社会では知識や計算は簡単に手に入る、出来るものです。だからもうあまりそれらに意味はない。これからの時代の人間にとって大事なのは決断する事だと思います。

いま経営が取り組まねばならないのは、必ずしも格好のいい、大きなプロジェクトに限らない。むしろ勉強会、ワークショップをどんどん立ち上げることだ。社内で手を挙げ、俺がやるんだという意欲に満ち、好奇心と起業家精神に燃え、へこたれず、あきらめず、突き進み「何か」を創りあげていく集団だ。

ページの先頭へ