大前研一の名言・格言|答えのない世界で生きたことがない世代

このエントリーをはてなブックマークに追加

答えのない世界で生きたことがない世代は、とにかく教えられた答えを覚えて吸収しようとする。学校で答えを教わる教育ばかりを受けてきたから、手探りで失敗を繰り返しながら答えを導き出す習慣がほとんどない。だから新聞に書いてある情報やテレビが流す情報を、すべて正しいものだと思い込んで覚えようとする。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ただ頑張ろうではなく、データをもとに課題を明確にし、現場とフロントが一体となって課題解決に取り組むための共有化こそが重要なのです。

企業のマーケティング力を高めるには消費者が抱えている課題は何であるかを重要視することだ。消費者自身も認識していない課題を見つけ出し、解決するような製品やサービスを提供することができれば必ず求められる。のっとっている規格やブランド名は正直に言って関係ない。

いま、人類は史上かつてないほど活字を読んでいるんですよ。1日にチェックするニュースやメールって、たぶん10年前の青年男子が小説とか本に割いていた活字の許容量をオーバーしている。もはや小説単体では入り込みようがない。としたら、別の糸口が必要になる。俺にとってはそれが映画で、最終的な全体のリクープ(回収)は映像で目指す。

乱世を乗り切れる組織とは、総花的に何でもそこそこできるジェネラリスト集団ではありません。多様性を認め合い、一人一人が何か専門分野を極めたプロで構成された組織こそが、生き残っていくはずです。

ビジネスにも畏れの感覚が不可欠。畏れを失うと、あとで必ずしっぺ返しがきます。食品の偽装問題がいい例。詐欺や不正でウマイ汁を吸えるのはほんの一時のこと。発覚したとたん、何十年もかけて築いた信頼が一瞬で崩れ去ります。いくら競争が厳しく、追い詰められた状況に陥っても、「自分に誇れる仕事をする」という意識だけは忘れてはいけません。

遅刻が目立ち始めた段階で口頭注意して、それでも直らなければ停職や減給。さらに最後の手段として解雇という流れなら問題はなかったはず。我慢を重ねたのちに突然キレるのは法的リスクが高い。キレるなら計画的に手順を踏みつつキレるべき。

すべてやり尽くすからこそ、結果がどうであれ受け入れられる。

ページの先頭へ