大前研一の名言・格言|答えのない世界で生きたことがない世代

答えのない世界で生きたことがない世代は、とにかく教えられた答えを覚えて吸収しようとする。学校で答えを教わる教育ばかりを受けてきたから、手探りで失敗を繰り返しながら答えを導き出す習慣がほとんどない。だから新聞に書いてある情報やテレビが流す情報を、すべて正しいものだと思い込んで覚えようとする。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最も悪いのは、示されたデータを鵜呑みにすること。年収の平均額にせよ、放射線データにせよ、まずは疑ってかかる癖を付けることが大切です。いろいろな思考回路を持ち、物事を正面からだけでなく、前後左右、上下など、様々な角度から見るようにすると、多くの情報が得られます。それが新たなデータとして自分の中に蓄積され、より正しい判断ができるようになります。

決して独善的ではない。相手を「理解」したうえで、周囲の人たちの「常識」を越えている。サプライズにはこれが大事なんです。

波とは乗るものではなく創るもの。

海外メディアから「タケダと競合相手の違いは何か」と聞かれるたびに私はこう答える。「日々のビジネスで基本精神をどこまで真剣に忠実に守っているか。そこが違う」と。実際、難しい判断を迫られたとき、最後はタケダイズム(武田薬品工業の基本精神)に基づいて決断する。

毎月、仕事の棚卸しをして、残業が多い人を洗い出して理由を必ず突き止めています。一時的な要因ならいいですが、慢性的になってきたら必ず解決する。派遣社員を入れたり、仕事の一部をほかの部署に移したり。

グローバル人材を端的に言えば、慣れ親しんでいない場所に行って、自分で商売を丸ごと動かせる「経営人材」のこと。外国語でのコミュニケーション能力や国際的な専門知識をもつことなどではない。それらは単なるスキル。

子供たちが社会に出たとき、サッカーで学んだことを生かして、ひとつひとつの仕事をきっちりできる人間に成長してほしいのです。プロになるような選手は一握りで、サッカー以外の世界に進む生徒がほとんどです。彼らの人間形成の土台づくりを大切にしたいんです。

競馬には3つの楽しみがあると思っています。ひとつ目はレースの迫力、2つ目は馬の美しさ、3つ目は推理の面白さです。ただ、多くの競馬ファンの皆様は、勝った負けたよりも、むしろ馬自体に惚れ込むのではないでしょうか。たとえば、アイドル馬だったハイセイコーやオグリキャップは地方競馬から上がってきた馬でしたが、中央のエリートを次々となぎ倒していった。そんな姿に、ファンの皆様は自分の人生を重ね合わせて感動するのではないでしょうか。

社員には「(社長就任)最初の100日間でバランスシートの改善を実行する」と宣言し、再生の基本方針として「厳格に」「嘘をつかない」「先送りしない」という方針を掲げました。私は最初の100日間が、組織の1000日後を決めると強く思っていました。

誰かが大きくブレイクできるかできないか。その違いは、キーとなる人と出会うかどうか。ただし、人生これに賭けているくらい突き抜けてないと、人は声をかけてくれない。

ページの先頭へ