大前研一の名言・格言|バブル経済の驕りが日本を内向きにした

このエントリーをはてなブックマークに追加

バブルに踊り、日本経済や日本型経営を賛美するような本が相次いで世に出た80年代を通じて、日本はもう日本一になった、アメリカなどから学ぶものがないと驕り、次第に内向きになっていった。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何か問題が起きた際、「自分のせいではない」と非を認められない人は、反省ができません。でも、どんな問題でも、自分の非がまったくのゼロということはまずありません。普通は6対4くらいの割合で、自分にも4割は責任があるもの。ただ、頭のいい人ほど、その4割の非を認めようとしない。無意識に自分が傷つかないようにしているのでしょう。

「創業家による家族経営から、コングロマリットの傘下に入るとブランドの魅力が失われるのではないか」。こんな質問を受けることも多い。だが我々LVMHグループは、過去にも数々のブランドを傘下に収め、再生を遂げてきた。クリスチャン・ディオールやセリーヌ、ロエベ、フェンディ、そしてブルガリ。これらすべてのブランドが、LVMHグループに加わってから、さらなる成長を遂げている。これは、各ブランドが持つ特徴や強みを最大限に生かしてきたためであろう。

中高年は若者に比べて、知識や経験、豊富な人脈、余裕資金を持っています。定年を迎えると、これに自由な時間が加わるわけです。楽隠居を決め込まないで、自分が納得できる生き方を追求してほしいですね。

音声認識しない言葉には、シーマンが逆ギレします。ユーザーに責任転嫁する発想で、認識率の低下という問題を解決しました。

人は相手の反応を見て、自分の「存在」や「関係性」を敏感に汲み取ります。そこに特定の癖が加わると、「自分の存在を軽く見ている」というマイナスの感情を相手に与えてしまう。普通なら気にならないただの癖も、特定の人にはとても不快に映る。

通常の社員教育では、タスクマンやスタッフは育つが、リーダーシップはなかなか育たない。ものごとを成功させるには、ホンモノのリーダーシップが必要なんだ。

仕事の企画で「この人とこの人をつなげれば面白い」、そんなキャスティングの発想も、人脈の中から生まれる気がします。

ページの先頭へ