大前研一の名言・格言|バブル経済の驕りが日本を内向きにした

バブルに踊り、日本経済や日本型経営を賛美するような本が相次いで世に出た80年代を通じて、日本はもう日本一になった、アメリカなどから学ぶものがないと驕り、次第に内向きになっていった。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

みんなが安定ばかりを追い求めていては、企業も社会も成長はできません。元々ホワイトカラーには安定志向が強い人が多いのですが、この中から、新たなことに挑戦しようと腕まくりできる人がどれだけ出てくるかが、今後の日本社会の課題でしょう。若い人がそれを見習っていくことで、新産業の原動力になるかもしれない。

人間は、他人の権義(権利と義務)を妨げなければ自由自在に行動していいのです。好きな所へ行ったり、居たい所に滞在したり、あるいは働き、あるいは遊び、あるいはこの事をし、あるいはあの業をし、あるいは昼夜勉強するのも、あるいは何もしたくなければ終日寝ているのも、すべて他人には関係ないのですから、はたからかれこれ言う理由は全くありません。

戦略を考えるうえでひとつのカギとなるのは、すべての人を常に満足させるのは非常に難しいということです。誰のニーズにどう応えるか。これは、「戦略とは何をするかという問題であると同時に、何をしないかという問題でもある」という、戦略のもうひとつのカギにもつながります。

会社員時代は商品開発をしていたので、「一年後には自分の作ったものが世の中に届いて、お客様の喜ぶ顔が見られる」といった、将来成功した場面をイメージしていました。常に「今日の仕事の先にある未来」を思い描くようにしているのです。すると、目の前にある課題や困難は大局の一部に過ぎないと思える。自分が今いる場所を、少し引いた視点から客観的に見ることができるのです。

僕はべつに天才でも何でもないから、努力しないと、何も成長しません。

うちでは原則、異動は自由です。本人と行きたい部署がOKなら、所属する部署にも上司にも止める権利はありません。公募制度もありますが、その部門が公募していなくても、「この人なら誰かを追い出しても欲しい」と考えれば、採れる制度です。

チャレンジしている人が減っている日本の状況に危機感を抱いています。日本は豊かになり、あえて何かに挑戦しなくてもとりあえず食べていけるようになりました。言わば、ぬるま湯に浸かっている状態です。しかし、いずれは必ず茹で上がってしまう。それは企業においては倒産を意味します。

スペック分類にはこだわっています。新しい製品が出ればデータはすぐに手入力しています。たとえばデジカメだと、何ピクセルとかバッテリーはどのくらい保つかとか、毎日すごい量を入力している。ですから条件検索も簡単にできるわけで、かなりマニアックな作りになっている。そうするとコメントを書く一般のユーザーも製品に詳しい人が集まってくるという好循環になります。

面接ではまずは協調的かどうか、自己中心的ではないかを見ています。思い起こすと自己中心的な人に一番多く振り回されてきました。私達の仕事は、皆で協力する仕事です。チームの調整で無駄なエネルギーを使ってしまうようでは、企業として本末転倒でしょう。

来店されるお客様は、弊社が利益を出していることを知りながらも、お金を使ってくださいます。それは、我々のサービスの価値を認めているからです。反対に、一生懸命にやっても利益が出ない仕事は、世の中がそれに対してお金を払おうとしていない、つまり価値がないと考えられているわけです。そんな仕事に思考を費やすのは、単なる自己満足でしかありません。

ページの先頭へ