大前研一の名言・格言|バブル経済の驕りが日本を内向きにした

バブルに踊り、日本経済や日本型経営を賛美するような本が相次いで世に出た80年代を通じて、日本はもう日本一になった、アメリカなどから学ぶものがないと驕り、次第に内向きになっていった。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

外国人上司の下で働くとなると、まず外国語を心配する人が多いと思いますが、それ以前に大事なことのひとつはビジネスパーソンとしての基本的なマナーを身につけておくことです。どの国の人に見られても恥ずかしくない万国共通のTPOを心得ておくことは大前提でしょう。そのうえで、上司となる人の国について歴史や文化について知識を得ておくことも当然のことです。

森雅彦の名言|外国人上司の下で働く前に必要なこと


目先の損得を気にする人ほど、損をしやすい。

大江英樹の名言|目先の損得を気にする人ほど、損をしやすい。


どんな人でも自分がやったことが上手くいき、それが目に見えた成果になって周りから評価が得られれば、仕事が面白くなります。評価する場を提供してあげることが大切です。

辺見芳弘の名言|仕事が面白くなるには


日本人は、とかくネイティブのような完璧な英語を話そうとして挫折する傾向にあります。私に言わせれば、努力の方向が間違っているのです。今さらネイティブのようにペラペラ話せるようになるのは無理な話です。使える英語で必要なのは、コミュニケーションを取ろうとする「姿勢」、研ぎ澄まされた「コンテンツ」、伝えるための「ツール」としての英語なのです。

遠藤功の名言|使える英語で必要なこと


生意気なことを言うにはルールがあります。人の意見を批判するだけでなく、きちんと対案を出して論理的に話す。だからこそ建設的な議論ができるのです。トップの立場からいえば、こうしたルールを踏まえたうえでの異論反論を認めない限り、組織の成長はありません。

守安功の名言|批判するときのルール


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ