大前研一の名言・格言|驕りが日本人の情報収集能力を鈍化させた

日本人の情報に対するどん欲さが失われてきたのはいまから20年ほど前からだ。日本企業の旺盛な情報収集活動が産業スパイ扱いされ、風当たりが強くなったという面もあるが、経済大国化した日本にたくさんの情報が集まるようになったことが大きい。海外に出る日本人が急増して、海外ミッションそのものの希少価値も薄れていった。だが何よりも大きな理由として挙げられるのは、日本人の驕りである。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自由闊達なところは昔からで、新入社員も「会社訪問した他社とは違う」と言います。この企業文化は変えたくない。

山木一彦の名言|自由闊達な企業文化は変えたくない


そもそも技術は人のためのものであり、人が技術のために存在するのではありません。ですから私がよく技術チームのメンバーに言うのは「顧客に近い存在であれ」ということ。

ジャック・マーの名言|顧客に近い存在であれ


営業の仕事は売ることだけではありません。顧客への営業支援と、業務改善が本質といっていいでしょう。自分が動くことで自社にも顧客にも貢献できるから、使命感が生まれてやりがいを感じることができる。そんな仕事の正体をつかみ取ることができれば、プロとして一歩も二歩も前進できるはずです。

鳥居勝幸の名言・格言|営業の本質は、営業支援と業務改善


社員は入社して半年ほど経つと「むすび研修」を受けます。初対面で全く知らない人と膝を突き合わせて相対します。誰でも警戒しますが、笑顔一つで緊張感がほぐれたり、お喋りを何十秒かするだけで、どんなに心が打ち解けていくか体験します。だから自分から話しかけることがいかに重要か、緊張をほぐす方法を知るための研修を用意しています。

小林佳雄の名言|自分から話しかけることが重要


長期運用をしていると、会社の行動や社風が最初とは変わってくることもあります。注意深く観察していいると見えてきます。数字は、その確認材料として使うものなんです。だから、機械的に数字で銘柄をはじき出すスクリーニング(利益などが一定の条件を満たすかどうか検索し、投資対象になるか振り分ける方法)なんかは一番ダメです。

澤上篤人の名言・格言|投資先の社風にも注意する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ