大前研一の名言・格言|驕りが日本人の情報収集能力を鈍化させた

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の情報に対するどん欲さが失われてきたのはいまから20年ほど前からだ。日本企業の旺盛な情報収集活動が産業スパイ扱いされ、風当たりが強くなったという面もあるが、経済大国化した日本にたくさんの情報が集まるようになったことが大きい。海外に出る日本人が急増して、海外ミッションそのものの希少価値も薄れていった。だが何よりも大きな理由として挙げられるのは、日本人の驕りである。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事をやるときは、人にチャンスを与えなくてはいけない。オレも編集者に「ちょっと、こういう資料を探してくれないか」と頼んだりするが、一発で満足できる資料を手にすることはほとんどない。だからといって「ダメじゃないか、こんな資料じゃ……」とは決していわない。逆に「いやぁ、この前の資料もよかったけど、今度はこの角度のほうから集めてみてよ」ということで、こっちの意図が段階的に伝わっていく。初めから、すべてがうまくいくなどということは、絶対ないのだから。

その時々で細かい変化はあります。ただ、「プロの仕事師になりたい」という目標意識の核は一度もブレたことがありません。

新しい企画がひらめいたら、必ず周囲に相談し、率直な意見を聞いてみて、賛成意見が多かったら進めるようにしています。アイデアって、他人に言うとパクられるんじゃないかと、一人で抱え込む人が多いのですが、それではなかなか前には進みません。できればチームをつくって、みんなで考えていくのがベストだと思います。

頭から仕事のことが離れないのは、終わらせなければならない仕事があるからです。それは脳の機能上、当たり前のことです。ストレスはアクションのトリガーであり、ストレスがあるからこそアクションが起こせるのです。もし、すっかり仕事のことを忘れてしまったら、仕事をしません。これはツァイガルニク効果といって、途中になっていることの方が、完了してしまったことよりも強く記憶に残るという脳の働きの特徴なのです。

これからは経理を透明にして商売をする時代がやってくる。
【覚書き|米国政府の金融・通貨委員会内の小委員会(プジョー委員会)で金融機関各社が裏で申し合わせ、インサイダー取引をしいるのではないかという追及を受けた後の発言】

お金があっても買うわけではない。いまは富裕層でさえお金を使っていない。魅力があるものを出す企業努力をもっとしなければ消費は動かない。

リーダーに対するコーチングは、何をするかという「DO」よりも、リーダーとしてどうありたいかという心のあり方に重きを置いた「Be」を扱うコーチングを重要視しています。

ページの先頭へ