大前研一の名言・格言|日本人は情報収集と活用が下手な民族ではない

日本人は情報の収集や活用が、決して下手な民族ではない。下手なのはいまの時代の日本人であって、情報に飢えていた頃の日本人は、それこそ世界でも有数の情報収集力と吸収力を発揮してきた。たとえば戦後、アメリカの技術や工業力とのギャップを思い知らされた日本は、学ぶべき相手をアメリカ一本に絞り、情報収集のための対米ミッションに力を注いだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

頭に血が上りそうなことを言われたら、へそから75mmほど下の丹田に力を入れて呼吸し、「ありがとさん」と3回唱えてみてください。不思議と気持ちが少し収まり、感情的な発言をせずに済むはずです。

枡野俊明の名言|頭に血が上りそうなことを言われたときの対処法


グループ化に当たって特に気をつけたのは、「当社の仕事のやり方を相手の会社に無理に押しつけない」ことです。相手の会社の良いところを伸ばし、足りないところを補完するのが、M&Aのあるべき姿。

石川康晴の名言|相手の会社の良いところを伸ばし、足りないところを補完するのが、M&Aのあるべき姿


ゴール前では、いつもシュートを打つことを考えています。打ったら何かが起こる可能性がある。

大久保嘉人の名言|ゴール前では、いつもシュートを打つことを考えています


最初にきちっと謝れば収束に向かうのに、わざわざ自分からクレームをこじらせている人は多い。

津田卓也の名言|わざわざ自分からクレームをこじらせている人は多い


自分自身が日陰のキノコみたいな人間なんですよ。なかなか日なたに出ていけない部分があって。なので、自分自身も、日陰のキノコみたいな作品に救われてきたんですよね。自分もいていいんだな、こんなふうに思うのは自分一人じゃないんだな、というところで救われやすい性質だなと思うところがあります。

西川美和の名言|自分自身も、日陰のキノコみたいな作品に救われてきた


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ