大前研一の名言・格言|日本人は情報収集と活用が下手な民族ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は情報の収集や活用が、決して下手な民族ではない。下手なのはいまの時代の日本人であって、情報に飢えていた頃の日本人は、それこそ世界でも有数の情報収集力と吸収力を発揮してきた。たとえば戦後、アメリカの技術や工業力とのギャップを思い知らされた日本は、学ぶべき相手をアメリカ一本に絞り、情報収集のための対米ミッションに力を注いだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

耳というのはかなり曖昧な感覚器官なので、聴くだけでは覚えられません。記憶に定着させるためには、手を使って書く作業を同時にやることが不可欠です。こうすると、聴く力はもちろん、単語、文法、構文なども身につきます。
【覚書き|英語のニュースを聴いて書き取るという訓練を始めた理由について語った言葉】

よく「仕事に優先順位をつけなさい」といわれますが、私はあまり意味がないと考えます。優先順位の高いものから取り組めば、優先順位の低いものは先延ばしになります。優先順位が低いとはいえ、片づけるべき仕事であることに違いはないのに、それがいつまでも残っていると気分的にもスッキリしません。優先順位をつけずに「やる」か「やらないか」だけを早い段階で判断することを重視すべきです。そのうえで「やる」と判断した仕事について、仕事の期限と自分の空き時間で判断して割り振ればいいのです。

変わらなければ生き残れない。強い危機感を抱き、根底からビジネスモデルを見直しました。百貨店不振の真因は、同質化と販売力の低下にあります。同質化を裏返すと独自性。そこで独自性を磨き、販売力を取り戻すための改革に着手したのです。

仕事を下に任せられてこそ、能率が上がって堂々と自分の時間も楽しめるのです。だから権限委譲、役割分担は大いに進めたほうがいいと考えています。

スピーチが上手な人は冒頭にジョークを盛り込み、笑いを誘います。そうすることで聞き手がリラックスして、緊張した空気がなごやかなムードに一変することを知っているのです。「笑う」行為は、いわば脳を強制的にリラックスさせる最強の手段です。

都市計画の人たちが考えるまちづくりって圧倒的に正しいのですが、どうも楽しくない。僕らはむしろ「ここに集まりたい?」とか、「これっておしゃれだよね」といった、一般市民の感覚を持ってアプローチしていったんです。

「特別に通常より20万円値引きします」と言われても、「誰にでも同じ説明をしているに違いない」と思われてしまいます。そうした不振を払拭するには、特別価格で提供できる理由を説明するといいでしょう。理由もなく安くなることはないと誰もが思います。なぜ特別価格で提供できるのか、顧客はその理由を知りたいのです。その理由を説明すれば、顧客の納得や信頼を得ることができます。

ページの先頭へ