大前研一の名言・格言|日本人は情報収集と活用が下手な民族ではない

日本人は情報の収集や活用が、決して下手な民族ではない。下手なのはいまの時代の日本人であって、情報に飢えていた頃の日本人は、それこそ世界でも有数の情報収集力と吸収力を発揮してきた。たとえば戦後、アメリカの技術や工業力とのギャップを思い知らされた日本は、学ぶべき相手をアメリカ一本に絞り、情報収集のための対米ミッションに力を注いだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一人で仕事を抱え込まずに、その分野が得意な人に任せることが重要です。ホテルやマンションの仕事は、僕はブランディング・プロデューサーというポジションで携わらせていただきました。映画のプロデューサーと同じように、その空間に求められているイメージを実現するためには、誰のどの能力を生かすことができるのかということを考えて、その人をキャスティングするのです。

どうしてもしなければならない勉強をするには、アウトプットを先に決めるという方法があります。自ら勉強会の進行役を買ってでるなどして、本を読まなくてはならない状況に自分を追い込むのです。アウトプットを決めることで自然とインプットができるようになります。

初めて世界チャンピオンになったときは「成し遂げたな……」という感じで終わっちゃったんだけど、世界チャンピオンになってひとつずつ勝ち続けていく夢というか、目標というか、それはもう最高ですよ。刺激と恐怖感がなんともいえない。こんなスポーツは他にないなと思ったし、ボクシング生活が楽しくてしょうがなかった。

ご注意いただきたいのが、「全部平均でいくと破綻する」ということ。たとえば同じくらいの年収の知り合いを見ると、ある人は6千万円のマンションを買っている。ある人は私立の中学に子供2人を行かせている。ある人はプリウスに乗っている。そこで、「同じくらいの年収だから」と高級マンション、私立中学、プリウスを全部真似すると、家計は破綻します。彼らはきっと、使うところには使うけれど、お金をかけないところは絞っているのです。どこにお金をかけて、どこを締めるか。あるところにお金をかけたら他は我慢する、というトレードオフを意識することが大切です。

一生懸命話しているのに、聴き手はみんな下を向いてしまっている。それをみて心が折れ、「とにかく早めに終わらせよう」と投げやりになってしまう。そんな失敗を経験したことはないでしょうか。聴き手の顔が下がっていたら、上げさせる工夫をしなければいけない。

住む、働く、憩う、遊ぶ、といった様々な機能がコンパクトに複合した街は、当時の日本にはまだ存在しませんでした。最上階に美術館があり、映画館や飲食店、オフィス、住宅が混然一体となった場所で、絶え間なくイベントを企画し、コミュニティの場を作っていく。ビルを作ったら終わりではなく、街を活性化させる仕掛けづくりを続けてきたことが、六本木ヒルズの画期性だったんです

論理的に話を展開できれば、欧米人相手の厳しい交渉もスムーズにこなせるようになる。

勉強に使う教材は、「よく売れている」といった宣伝文句に踊らされ、中身をよく吟味しないで買うと、たいてい無駄になります。

アソシエイト(スタッフ)一人ひとりの主体性を養うために、権限を与えたり、仕事を任せることは大事ではあっても、すべてを丸投げしてはならない。すべてを店長に任せて安心していてはならない。

世の中のことは、月と雲のようにどうなるかわからず、おかしいものである。

ページの先頭へ