原田泳幸の名言・格言|リスクマネジメントの要諦は、潜在的問題を顕在化すること

リスクマネジメントの要諦は、潜在している問題を顕在化させることです。そのためには経営者のリーダーシップが必要です。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンビニの中心顧客は、長らく働き盛りの男性でした。忙しい彼らのために、すぐ食べられる高カロリーな商品が中心になっていました。しかし、高齢化を背景に忙しくない人が増えつつあります。また、どの世代でも一人暮らしが増え、個食化が進んでいます。ナチュラルローソンでは、都市部の女性に向け、美と健康にこだわった商品を多く展開しています。また、小分け野菜などを置いた生鮮コンビニのローソンストア100も始めました。

新浪剛史の名言・格言|客層の変化に柔軟に業態を変える


目標を達成したら、家族の同僚、恋人などの身近な人に褒めてくれるように頼むのもお勧めです。フェイスブックに書き込んで「いいね!」を押してもらうだけでも構いません。運動習慣をつけようとしていることを宣言し、周囲の人にサポーターになってもらいましょう。

石田淳の名言|褒めてもらえる環境をつくることの大切さ


はじめからしまいまで徹底的に悪いということもなければ、また徹底的に良いということもない。

松下幸之助の名言|はじめからしまいまで徹底的に悪いということもなければ、また徹底的に良いということもない。


会社名を名乗らずに営業の電話をかけることは、常識的に考えて失礼なことです。お客様から不備感をもたれ、信頼関係の構築が厳しくなります。

松田友一の名言|常識的に考えて失礼なことはしないことが大切


あえて極論を言うと、僕は、企業そのものが人を育てられない装置になってきているのではないかと疑っているんです。日本企業は、この10~15年の間にリストラをやって、組織をシンプルにしました。それによってムダもなくなりましたが、失敗が許されない組織になってしまった。僕たちの時代は、社員がムダや失敗を積み重ねながら成長できたけど、今の企業でそれは許されません。しかし、その結果、人を育てる機能が弱まっている。

藤原和博の名言|リストラがもたらした弊害


人間は成功体験を積まないと前へ進めませんが、同時に達成感や高揚感が必要。

中野ジェームズ修一の名言|達成感や高揚感が必要


若い人をはじめ、多くの人が「将来が見えない、見えない」って不安そうな顔をするけど、大半の人は現実を見ていないだけなんだって。いや、「見たくない」っていったほうがいいのかな。

桜井章一の名言|将来が不安なのは現実を見ていないだけ


大事なプレゼンの前は、イメージ・トレーニングをします。これは大変効果があります。1分ほど目を閉じて、自分がプレゼンしている姿をできるだけリアルに思い描きます。「ここに○○部長が座って、この資料を見せて……そうしたら、こういう質問が来るかもしれないな。じゃあ、ここは気を付けておかないと……」という具合です。これを本番の4~5日前から時間を見つけて繰り返します。すると、すでに何度も経験しているような気になっていますから、当日は緊張することなく、自分のペースでプレゼンに臨むことができるのです。

伊藤正裕の名言|大事なプレゼン前にはイメージ・トレーニングを何度も行ってリハーサルをする


『チーズはどこへ消えた?』の初版は2万部だった。当時はこのくらいの部数が当たり前だった。もっと売り上げを伸ばしたいと考えあぐねていた頃、当時の扶桑社社長がこう言った。折しも年末年始を控えた時期。「経営者は年末年始にスピーチをする機会が多いから、ネタを探すのに苦労するんだよ。きっとたくさんの経営者が同じことを悩んでいるはずだよ。この本はスピーチのヒントになるんじゃないか? プレゼントしようよ!」と。私は早速、上場企業100社の社長にこの本を贈った。「どうぞスピーチのヒントにしてください」という手紙を添えて。そこからの売れ行きは、まさに爆発的なものだった。自分のため、部下のために買う人はもちろん、まとめ買いをする企業まで現れた。

平田静子の名言|情報を発信する人に贈ってみる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ