川村隆の名言・格言|困難なときに必要なのは、リーダーの強い意志と明確な意思決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

苦しいときほど楽観は意志に属す。困難に直面するいまの日本に求められているのも、リーダーの強い意志と明確な意思決定ではないだろうか。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

幼少時代から展覧会や美術館に展示される作品よりも、人の生活を楽しくするモノづくりに携わりたいと思っていました。

私は人生という舞台の主役として、自分自身が最高の成果をつくりだすために自分の行動を明確にすることが重要であると考えています。その行動計画、つまり脚本が手帳なのです。同時に、目標を必ず行動に移し、自分への満足度を高めるのも手帳です。

大きな目標、しかも利己的でない、利他的な大きな目標を持っている起業家ほど、燃えるような目をしているものなのです。そんな人材に出会うと、こちらも「おっ、こいつは見どころがあるな」と思うわけです。

従来の本部によるプッシュ型の経営では、成熟した消費ニーズをすくい上げることはできない。お客様との接点にいる人が考えて判断するのが一番いい。

女性の活躍は、社会政策でなく、成長戦略として捉えています。日本は人口減少の中で労働力が不足していく、もうダメじゃないか、と言われていますが、女性は日本に眠る最大の潜在力です。女性がその能力を開花させていくうえで様々な障害がありますので、それを取り除いていくための政策を進めていきます。

個別のアドバイスは、当然ながら相手を見て言い方を選んでいきます。たとえば、故障しやすく心配性の選手や、性格が暗い選手には、とくに密で細かいコミュニケーションを心がけます。会話のキャッチボールで、選手が心を開いてくれることもあります。お調子者の選手は、基本的におだてます。ただ、調子に乗りすぎると失敗するので、半分は厳しくします。

私鉄でストがないのは西武ぐらいなもので、なぜストがないのかといって聞かれることもたびたびである。別に大した理由はない。私が西武鉄道から財産をつくっていないということ。人事に公平だということ。従業員と一緒に仕事をしているという気持ち。そんなことがあげられるのではなかろうか。

ページの先頭へ