川村隆の名言・格言|意思決定権を与えられると、人は意識が大きく変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラストマン(決断する人)になると、意識が大きく変わる。ある小さなグループ会社の社長からこんな話を聞いた。彼は営業出身で本社時代は交際費も期末には全部使い切るものと思っていた。それが社長に転じてからはトイレットペーパーの値段にも目を配るほどコスト意識が強くなった。赤字が出れば、バック(責任)を回す相手はいない。それがラストマンの役割だ。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中小企業の社長にとって一番大切なのは、規模を大きくすることではありません。自分の強みや器の大きさ、性格などをしっかり認識し、それを活かした経営をしていくことです。その結果として規模が拡大するのなら結構なことですし、そうでないのなら無理して大きくならなくてもいいのです。私は社員一人一人の名前と顔が一致する企業の経営をしたいと思っています。

トップアスリートに着てもらうことは、品質などを世界にアピールできる良い機会。ただ、オリンピックはボディーブローのようなものでアッパーカットのような即効性はない。販売増にすぐつながると期待はしていない。長い目で見た戦略の一つ。

朝時間は仕事への準備運動という意味合いもあります。IIJの鈴木幸一社長は、朝の3時に起きます。半身浴をして、本を読みながらボーッとする。それからコーヒーを飲み、新聞を読み、どんどん脳を活性化させて出社するのです。

無数にある競争相手と、少子化していく小さなパイを取り合うと牛丼戦争になる。そこから当社はポジショニングをずらして、事業領域をアパレルからライフスタイルとテクノロジーに移行していこうというわけです。

本来なら、モノ作りで新しいことをやっている会社の方が、金融機関より高い給料を払えるようにしないといけない。

長期にわたって問題を抱えてきたため、軌道を修正するのは簡単なことではありません。あるいは、問題を抱えてきたのと同じだけの年月がかかるかもしれません。重要なのは、諦めずに粘り強くやり遂げることです。

進歩というものは、今あることを否定するところからしか生まれない。

ページの先頭へ